20代の転職

29歳の転職活動


20代最後の転職チャンス!?29歳の転職活動

29歳。

ピンポイントでこの年齢、という方もいらっしゃると思います。

29歳の転職

同じように悩まれている方も多いと思うのですが、30歳を前に仕事の事、家庭の事について悩む事が増えていました。

それぞれで置かれている状況が異なりますから、独身の方やハイキャリアを希望されている方、もう少し仕事のペースを落として自分らしい生活をしたい、など働き方に関して悩まれている方が多いのかなと思います。

29歳は当たり前ですが、20代最後の年となります。

たった1歳の歳ではありますが、30歳になると転職活動のハードルが確実に上がります
それを考えると、もし転職する事を真剣にお考えになっていれば尚更、迷われている方も早く情報収集をして転職するかどうか、決める事をオススメします。

29歳の市場価値は高いと言えます。

若手としても通用しますし、大卒で入社、ビジネス経験を積まれてきた方はキャリアもあり部下を持ちマネジメント経験を積んでいる方だっているでしょう。

企業によっては、お持ちの経験を非常に高く評価してくれます。

ちなみに、20代の転職って年収アップが実現しやすいんだそうですよ!
(もちろん、これまでのキャリア・経験を活かしての転職の場合となります)

20代最後の年として、

・キャリアアップ転職
・キャリアチェンジ転職
・Iターン転職
・Uターン転職

色々な転職の目的があると思います。

29歳、悩む事の多い転職活動を成功に導くためのポイントについてまとめてみました。

29歳の転職活動は、転職エージェントの活用がカギ!

転職エージェントの活用
それまで、どういった働き方をしてきたか、経験を積んできたかにもよりますが、29歳の市場価値は高い(方が多い)です。

多くの企業の人事担当者、役員の方に話を聞いた事がありますが、29歳含め20代後半は、即戦力として期待出来る事がやはり大きいですね。

困難なプロジェクト、修羅場を経験している人材はとくに欲しい!という話も出てきます。
まあ、そんな修羅場ってそこまで無い気もしますし、何をもって修羅場というかも人それぞれなのですが・・・

要は、苦労した経験があってそれを乗り越えた人材は打たれ強いし、経験値が一気に増えている、という共通の認識があるようです。

もし、そうした経験(修羅場と化したプロジェクトでの仕事、大赤字の事業を立て直した経験など)があれば、ぜひアピールしてください(^_^;

面接時には論理的な説明が評価されますから、しっかりと時系列で情報を整理して、話が出来るようにまとめておきたいポイントです。

29歳の転職活動では、転職エージェントの活用がとても重要と言えます。

転職エージェントには非公開求人が多数ある、と言うことも利用するメリットなのですが、求人先企業に対してアピールしてもらう事も出来ますし、その企業がどういった風土で、どのような人材がこれまで転職に成功しているか、といった詳しい情報もアドバイスとしてもらえるケースも多いです。

求人票に掲載されている以上の詳しい情報を得られるのは、非常に大きなメリットではないでしょうか。

特化型転職エージェントよりも、総合転職エージェントの活用がオススメ

いざ転職エージェントへ登録、活用を考えた場合に、

・特化型転職エージェント
・総合転職エージェント

といずれを利用すべきかと迷われる方もいらっしゃると思います。

もちろん、転職を狙う業界、職種によっては専門性の高さや転職エージェントの交渉力が非常に重要となりますから特化型が良い場合もあります。

しかし総合的に考えると、求人数(非公開求人も含め)の量や質は総合転職エージェントの方が上です。

知名度の高い転職エージェントでいうと、

リクルートエージェント

DODA

JACリクルートメント

マイナビエージェント

などの名前を挙げられます。

こうした転職エージェントには非常に多くの転職コンサルタントが在籍していて、希望する業界で長く経験を積んだベテランがアドバイザーとしている場合もあります。

総合転職エージェントを活用したとしても、非常に具体的にアドバイス、サポートをしてもらえるケースは多いですね。

もちろん、その分だけ転職希望者としても希望の仕事に対してイメージを持っている事が必要とはなります。

色々な求人を見て、転職の可能性を考えたい、といった事でももちろん転職エージェントの利用は可能です。

転職者の希望に合わせてサポートをしてもらえるのは、転職コンサルタント、キャリアアドバイザーが多数在籍している総合転職エージェントの強みとも言えるでしょう。

20代後半、28歳、29歳など重要な節目ともなる転職活動では、総合転職エージェントの活用をオススメいたします。

29歳、30歳を前に転職を決めたい大きな理由

20代の転職
29歳と30歳

採用担当者の立場から見ると、大きな違いがあるのは否定できません

もし既に30歳になってしまった方がいらっしゃると理不尽似感じるかも知れませんが、29歳と30歳では求めるスキル、経験にも大きな差が出てしまう事が多いのです。

30歳でこの経験なら不採用かな・・・という場合でも、29歳なら「伸びしろ」にも期待したい、と面接に進めたりします。
後は役員に判断してもらおう、といった心理的な事もあります。

そのまま、採用される事もあるでしょう。

30代で転職活動を行うという事は、よりシビアに実績・経験を評価されると言うことになります。
そうした現実的な事がある以上、出来れば29歳の間に転職を決めるのがベスト、といえます。

またもし異業種転職・未経験からの転職を希望する場合も同様です。
30歳で未経験、異業種転職を希望する場合、よほど実績を持っていたりしなければ書類選考で落ちるケースが大半といって良いでしょう。

非常に難しい。

でも、29歳ならなんとか「若手」というイメージを持ってもらえる場合が多いですから、職務経歴書や志望動機の書き方次第では、面接に辿り着けるケースも増えてきます。

最終的には求職者の人柄、仕事への熱意、これまでの仕事への取り組み・実績など総合的な評価となりますが、29歳と30歳では転職活動の結果に大きく影響がある、といえます。

20代後半、29歳の転職活動であれば短期決戦が成功するような気迫、集中力を発揮する事も時期(30歳の誕生日が近い場合)によっては必要ですね。

転職エージェントをこれから利用される場合には、

特化型転職エージェントよりも、総合転職エージェントの活用がオススメ

でご紹介したような、実績が非常に豊富な総合転職エージェントの活用が良いでしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓