第二新卒の転職

20代 2回目の転職


20代での転職回数について

20代で2回目の転職、注意点についてお伝えしますね。

日本は「転職回数が少ない方が有利、長く働く方が有利」と言われます。

たしかに新卒で就職後、すぐに転職するのはマイナスかもしれません。

しかし最初の会社を2~3年で退職、次の会社も2~3年働いていれば、20代で2回目の転職でも気にする必要はないでしょう。

30代に突入すれば、転職自体、難しくなります。

高度なスキルを身に付けていたり、難易度の高い資格があれば別ですが、基本的に30代の転職は20代よりもハードルが高いんですよね。

立場的にも結婚したり、子供が産まれてお金が掛かったり、簡単に仕事を変えられないのです。

そう考えれば、20代の内は比較的自由に動けますので、2回目の転職でも大丈夫ではないでしょうか。

ただし、あまりに就業期間が短い場合は注意して下さい。

20代前半で2度目の転職、就業期間が半年~1年以下、などのケースですね。

大卒1年目で転職、次の会社も6ヵ月以内に退職して仕事を探す場合…企業の印象は決して良くありません。

採用する人事担当者としても、「長く働いてもらいたい」という気持ちがありますし、すぐに退職しそうな人間を積極的に採用しようとは考えないものです。

もちろん転職理由にもよりますよ。

会社が倒産していれば、自己都合ではなく会社都合の退職になりますし、『病気で仕事を続けられなかった』という場合も仕方ないかもしれません。

ただし病気が理由の場合は、すでに完治して労働に支障がないことをアピールすると良いでしょう。

後ろ向きな転職は要注意

転職活動の進め方
それ以外の後ろ向きな理由、たとえば…

・人間関係の悩み
・給与の不満

などで短期間(6ヵ月以下)で転職している場合は注意して下さいね。

今も同じ理由で悩んでいても、2度目の転職は難しいかもしれません。

職場に性格が合わない人間は必ずいるでしょうし、最初から高給与は期待できないと思います。

会社で働くということは、周囲とコミュニケーションを取りながら仕事を進める、ということですからね。

同僚との関係、上司との関係が大切ですし、顧客先との関係も重要です。

ウマが合わなくても我慢して働く、理不尽なことがあっても堪えて働く、という意識が(特に20代前半は)必要ではないでしょうか。

そのため、あまりに短い期間で2度目の転職を考える場合は、もう少し今の職場で働くことも考える方が良いかもしれません。

それでも2度目の転職を考えるなら、ぜひ転職支援サービスを利用してみて下さい。

転職のプロに相談できるサービスがありますし、

今のあなたの状況で転職できる可能性が高いか低いか

を判断してもらえますよ。

第三者から見て、あなたの強み・弱みなどもアドバイスをもらえるでしょう。

志望動機を転職のプロにチェックしてもらう

最初の転職後に2~3年以上働いていれば、転職しやすいと思われます。

22歳~25歳まで働いて最初の転職、次の会社でも3年働いて現在28歳、というようなケースですね。

その場合、たとえ2度目の会社で人間関係に悩んでいたとしても、すでに3年働いた実績がありますから、志望動機や自己PRを作成しやすいのではないでしょうか。

ストレートに「人間関係がイヤだから」と伝えるのはマイナスですが、転職には前向きな理由もありますよね。

・20代のうちに新しい環境にチャレンジしたい
・今の会社よりも厳しい環境で成長したい
・スキルアップしたい、成長したい

という理由ならストレートに伝えやすいですし、高評価を得やすいと思います。

虚偽の志望動機はおすすめしませんが、プラスの理由をふくらませると良いですよ。

その転職理由、志望動機を転職のプロにチェックしてもらうことで、より説得力ある内容になりますね。

当サイトでも人気の転職支援サービスを紹介しています。

第二新卒転職にオススメ転職エージェント

こちらも合わせてご覧になってみてください。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓