20代の転職活動の進め方
20代 転職エージェントおすすめランキング > 20代転職 > 仕事を辞めたい!20代なら次の転職先はすぐ見つかる?

仕事辞めたい 20代転職


会社辞めたい 20代

今の会社を辞めたい!20代の転職について

新卒で就職したけれど・・・会社をもう辞めたい!仕事を辞めたい。

と思う事もあるでしょう。

もちろん、気軽に辞めてしまっては「辞めグセ」が付く可能性がありオススメ出来ないのですが、本当に考えて出した結論が「転職」であれば20代での転職は今ではそれほど珍しい事もでもありませんね。

第二新卒として企業側からも中途採用のニーズがとても高いと言うこともあり、20代の転職成功しやすいのです。

転職活動をしっかり行えば、新卒として入社、すぐに退職してしまった場合でも正社員就職は可能です。

すぐに仕事、会社を辞めたい20代。

2,3年経験を積んだ第二新卒としての転職。

既卒の第二新卒の方など、様々な方がいらっしゃると思います。

転職先探しをするとともに、退職の仕方・方法についても情報収集をすると良いです。

退職願・退職届の違いも理解しておくと良いと思います。

退職願の書き方などもサンプルがたくさん見つかりますから、一度、丁寧に書かれると良いと思います。

それによって、仕事を辞める決心がさらに固くなるかもしれませんし、いやもうちょっと頑張ってみようかな・・・となるかもしれません。

いずれにしても、気持ちが固まる効果はあるのではと思います。

仕事、会社を辞めたい・・・と思った時、考えてみて欲しい事

就職して1社目、2社目かは分かりませんが、20代ほど仕事を辞めたい・・・と考える事が多いのかもしれません。

30代になると背負うものも増える方が多いですから、「仕事を辞めたい」と考えるのはよほどの時といえます。
転職したい、はあるかもしれませんが。

20代は、まだまだ迷いもあって当然の年代です。

20代は未経験からでも異業種転職に挑戦しやすいですし、本当のこの仕事で良かったのだろうか、と迷うことも多いのではと思います。

今の仕事、会社を辞めたいと考えた場合、

辞めたい理由

は必ず書き出してみてください。

そして書き出した辞めたい理由リストを、

・上司などに働きかけて改善出来そうな辞めたい理由

・自分が原因となっているであろう辞めたい理由

・会社を辞めなければ解消出来ない辞めたい理由

色々と分けてみてください。

今の仕事を辞める事を決断する時に、自分を後押しすることにもなりますが、次の転職先を探す際にもクリアすべき事として重要な情報となります。

例えばそこに、

「やり甲斐のある仕事をしたい」

といった漠然とした不満、希望が辞めたい理由リストにあったとしたら、それは転職して解消出来るものではないです。

それを見つける事が必要です。

特にやりたい仕事が無いのであれば、転職先を探す優先条件として、将来性のある仕事、ホワイト企業への転職、といった事を持ってくる事が必要です。

辞めたい理由リスト」は、次の転職活動では「解消すべきリスト」になります。

再び同じ理由で仕事を辞めたい、と繰り返さないようにする事がとても重要です。

20代、第二新卒の中途採用ニーズが高い理由

20代転職
20代の転職であれば、第二新卒に該当される方が多いのではと思います。

20代後半でしっかり経験を積まれている方に関しては、非常に採用に意欲の高い企業が多いですから、こちらも転職先探しは進めやすいでしょう。

通常、大学卒は22歳。浪人された方でも23歳、24歳といった方が多いでしょう。
大学院卒の方でも24,25歳、26歳といった年齢でしょうか。

20代半ばまで、第二新卒に特に企業側が期待することは「今後の伸びしろ」です。

最初に就職した会社で最低限、社会人としてのマナー等を身に付けている事も採用のメリットとして見てくれますが、

20代ならではの素直さ、今後の伸びしろ

に期待しての採用が多い事は事実です。

最初の会社に就職する時って、実際に働く事の大変さが理解できていないと言っても良いでしょう。

それを経験して、次の転職先として選ぶわけですからね。

「次の会社はもっと頑張って働きたい」

という気持ちの第二新卒者が多いことも理解しているでしょう。

最初の会社選びは失敗したから、としっかり企業研究される方が多いでしょうし、志望動機としてもしっかりアピール出来ている方が多いのではと思います。

企業にとっても新人教育のコストが必要ない第二新卒は、即戦力に近い人材として、OJTとしてすぐに立ち上がる事が期待出来ますから、採用のメリットは大きいのですね。

ちなみに、最初の会社をあまりに短期間で辞めてしまっている場合には、ビジネスマナーが身に付いていないと判断されて、割と厳しい就職活動になることもありますから注意は必要です。

20代 仕事を辞めたい理由で多いのは?

転職活動の進め方
退職理由で多いものとしては、

・給料の安さ、お金の問題
・人間関係
・仕事内容
・勤務時間の長さ

などが多く挙げられます。

給料の安さに関しては、仕事の忙しさも大いに関係ありますね。

毎日定時、ノルマも無い、土日祝日は完全休み。
こうした職場であれば給料は安くても仕方無いかな、と思えるモノですが・・・

毎日終電、週末も納期が近いのでほぼ出勤。
それで手取り15万などであれば不満を覚えるのも仕方ありません。

給与などはあくまで例ですが、仕事の忙しさは給料への不満につながりやすいとは言えますね。

仕事を辞めたい!会社を辞めたい!と思うきっかけ、実に人それぞれの瞬間があります。

理不尽な理由で上司に怒られたり、プロジェクトから外されたり、と言ったことが引き金になることだってあるでしょう。

こうしたきっかけを元に、転職エージェントに登録をして試しに求人を紹介してもらったら、意外と良い求人があって転職を決意した、という方も実は多いんです。

20代は転職で年収アップしやすい?

20代の転職活動
社会人経験が1,2年あれば、転職エージェントを利用して転職活動をする事は可能です。

入社して1ヶ月、数ヶ月で退職といった場合には、20代の就職支援、既卒就職支援のサービスを利用された方が良いかもしれません。

DYM就職

ハタラクティブ

就職Shop

ジェイック(JAIC)

などがありますね。

リクナビNEXTとかも、直接応募タイプですから利用しやすいと思います。

社会人経験を積んでの20代転職では、転職する事によって年収アップするケースが多いです。

まだまだ20代の年収は低めに抑えられている事も多いので、次の転職先に待遇の良い会社を選ぶことで年収アップ、ボーナス支給額が増えるケースは多いんですね。

転職エージェントを利用して転職活動をする場合、給与に関して交渉をしてもらえる場合もあります。

DODA

リクルートエージェント

など20代転職に強い人材紹介会社も多数あります。

今後のキャリア、積みたい経験などに応じての会社選びなど、担当コンサルタントが付くこうした転職エージェントを利用する事で、相談も可能です。

企業がどういった人材を採用したいと考えているか、といった情報を得ながら転職活動を進められるのは大きなメリットですね。

転職を希望する業界にあった、履歴書の書き方、職務経歴書の書き方などアドバイスをもらう事も出来ます。

年収アップを狙いつつ、希望の仕事内容などで転職先を探すには、こうした転職エージェントの活用が今は必要不可欠といえるでしょう。

20代転職にもオススメの転職エージェント、ぜひ活用をしながら有利に転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

もし実際に仕事を辞めたとしたら、3ヶ月以内に転職すべき

就活のポイント
もし本当に仕事を辞めるとしたら、基本は在職しながらの転職活動です。

しかし、どうしてもすぐに退職したい!仕事を辞めたい・・・という事情がある場合もあるでしょう。

無理して仕事を続ける事で、身体や精神的に壊れてしまっては元も子もありません

早期に退職をして、改めて気力・体力を回復させてから転職活動に臨まれるのが良いと思います。

その際、退職してから無職の期間が長くなるのは避けたいです。
また、フリーターになるのも避けた方が良いでしょう。

いずれも期間が長くなればなるほど、転職の成功率が下がります。

無職の期間が半年、1年と長くなればなるほど、仕事が決まらなかった理由(問題)のある人材では?

フリーターになるなんて計画性が無いな、正社員として仕事を任せるのは少し不安かもしれない。

期間が長くなる事で、面接官の心証はネガティブなものとなっていきやすいです。

仕事を辞めてから、転職活動をするという場合には、目標としては3ヶ月で転職先を決めるなど、期限を区切って短期集中で転職活動をされることをオススメします。

次もまた正社員として仕事に就きたいのであれば、早期に転職先が見つかるように行動した方が良いのは、間違いありません。

自力での転職活動と並行して、先ほどご紹介したような人材紹介会社などを活用される方法をオススメします。

出来る限り、多くの求人情報を得た方が良いでしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓