隠れ優良企業へ転職

転職活動

隠れ優良企業へ転職する方法

投稿日:

隠れ優良企業への転職

隠れ優良企業へ転職するには、隠れ優良企業がどういった条件を備えた企業なのかを知ることも重要です。

知ってしまえば隠れもしないホワイト企業だった、ということもありますが、最初は知らないからこそ隠れ優良企業といえます。

転職を機会として、次はもっと働きやすいホワイト隠れ優良企業へ転職出来れば、と思っている20代、30代の方も多いのではないでしょうか。

この記事では、隠れ優良企業の条件、求人探しに利用できる転職エージェントなどについての情報をご紹介しています。

優良企業、ホワイト企業へ転職するには

隠れ優良企業へ転職するには

ホワイト企業、優良企業に転職したいですよね?

と質問されれば、たぶんほとんどの方が「転職したい」と答えると思います。

なにせ、優良企業です。

あえてブラック企業で働きたい方もいるかも知れませんが、多くの方は「福利厚生が手厚く、給料・年収の高い企業」で働きたいと思っているでしょう。

優良企業に転職したいと思い、良さそうな企業からの中途求人を見つけて応募しているけれど・・・なかなか内定をもらう事が出来ない、と転職活動に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ホワイト企業、優良企業には多くの転職希望者が集まります。

中途採用の求人って人数が少ないですよね。
そのため、中途求人に対しての倍率はかなり高くなってしまいます。

大手企業からの中途求人で若干名の採用の場合、倍率も軽く100倍を超えるケースもあるそうですからね。

「そんな倍率を勝ち抜く自信無いよ・・・」

ただ、そうした知名度が高く、応募が集まりやすい優良企業ばかりではありません。

世間一般には知られていない、隠れ優良企業もたくさんあります。

あまり知られていない企業(あまり人気の無い業界の優良企業)であれば、応募がそこまで集まり、倍率が高くなる事もありませんから、内定をもらえる確率は高くなります。

中には、社名が全然知られておらず、新卒採用に非常に苦労している企業も存在します。

そうした企業は採用に苦労していますから、社員をとても大切にするんですね。

社員を大切にする企業は離職率がやっぱり低いです。

では、そうした隠れ優良企業、ホワイト企業はどうやって探していくと良いでしょうか。

隠れ優良企業って、何?

そもそも、隠れ優良企業とは?

そもそも、「隠れ優良企業」とはなんでしょうか。

隠れ優良企業とは、

「知名度が低い中小企業の中でも、優良企業」

の事を指し、福利厚生が手厚く、給与・年収が高め、離職率が低いなどの共通点が見られます。

社員を大切にするホワイト企業ですが、多くの学生に知られていないために新卒採用で苦労しているという共通点もあります。

一般的に知られていないからこその、隠れ優良企業といった事になりますね。

以下、隠れ優良企業の特徴をまとめてみました。
求職者によって、重視するポイントに違いもあると思います。

会社の知名度は特に気にしない、という方もいれば親を説得するのに会社の知名度もある程度重要、といった方もいるかもしれません。

経営が安定している

優良企業の条件として、経営が安定している事が挙げられます。

転職してすぐに倒産したら困りますよね。

また大変な転職活動をするのか・・・といったこともあります。

上場企業の場合には、有価証券報告書など色々な情報源から経営の安定性を知る事が出来ますが、中小企業の場合にはそこまで細かく経営に関しての数字を知る事は難しいかも知れません。

しかし、赤字の有無、自己資本比率や成長率など、出来る限り情報収集をしてみましょう。

特定分野で高いシェアを持っている。
技術力が高い。
製品に対しての利益率が高い、など。

多くの企業は公式サイトを持ち情報を公開しています。

給与・年収が高い

ホワイト企業、優良企業の全てが当てはまる訳ではありませんが、給与・年収は高めの企業が多いと言って良いでしょう。

経営の安定性から、賞与・ボーナス支給で社員に還元する企業も多いです。

中には決算賞与あり、で年3回のボーナス支給を行う企業もあります。

物価ばかりが上がっていく昨今、給与・年収が高い企業に勤められると良いですよね。

福利厚生が充実している

ホワイト企業、優良企業は採用した社員を大切にします。
その表れとして、福利厚生が充実している企業が多い事も共通点です。

福利厚生、特に外部サービスとの提携に関しては企業の規模にも比例しますが、様々な工夫をして、社員にメリットがあるように設定されているものです。

通勤手当、家賃補助、資格取得費用の負担、今では少なくなってきましたが家族手当など。

手当が多いと間接的に収入が増えますから、転職の際には基本給と共にぜひチェックしておきたいですよね。

一般的な企業よりも基本給は低いけれども、手当を含めると平均以上、という企業も少なくないです。

給与に関しては、手当込みで手取りはいくら位になるか、月収は?といった金額から考える事が重要といえます。

リフレッシュ休暇、バースデー休暇、介護休暇など休暇に充実している事が多いです。
その企業独自の休暇があったりすることもあります。

会社近くへの引越費用負担、なども当てはまるでしょう。

女性が働きやすい環境が整っている

ホワイト企業の多くは、女性が働きやすい環境作りにも力を入れています。

産休・育休制度もしっかり整えられ、取得率が高い共通点があります。
実際に復職しやすく、子育てと両立しながら働きやすいのは女性にとって嬉しい職場環境となりますよね。

子供が小さい間は時短勤務が可能な短時間正社員制度など、取り入れている中小の優良企業も少なくありません。

隠れ優良企業を探す際には、残業ほぼ無し、土日祝日はしっかり休める、年間休日数が多いなど、働きやすい環境かどうかも重視してみてください。

知名度が低い

隠れ優良企業ですから、知名度が低いです。
(でも、聞けば意外と有名企業で隠れていない優良企業もあったりもします)

そのため、働きやすく良い会社なのに募集をかけても応募が集まらない事が多いのです。

新卒採用に苦戦している中小企業も多く、そのために採用した社員を大切にする姿勢が強まっています。

隠れ優良企業でよく言われるのが、BtoB企業ですよね。

BtoB企業は企業向けの商品を扱っている企業の事で、一般消費者向けの商品では無いため、知名度がとても低いです。

CMを打つこともほぼ、ありません。

そのため、経営も安定していて高待遇、離職率も低い優良企業だったとしても、作用に苦労している事が多い企業となります。

最近でこそ隠れ優良企業がSNSやネット上で共有されてきていますので、応募が増えるといった現象も増えてきていますが、それでもまだ転職を狙いやすい隠れ優良企業は多いといって良いでしょう。

自分にとっての優良企業を考える事が重要

隠れ優良企業を探したい!と思っても、人によって「優良企業の基準」は様々ですよね。

それに業界・職種も色々です。

いくら優良企業と思っても、全く興味の無い、自分でも適性が無いと考える職種の求人へはさすがに応募したいとは思わないでしょう・・・。

自分に合った優良企業かどうか

を考える必要があります。

給与・年収が高い事を優先するのか。

年間休日数の多さを重視するのか。

転職活動でよく言われることですが、全ての希望を見たせる転職先を見つけるのは難しいです。

よくよく考えた結果、5年後、10年後にキャリアアップ出来ている環境を選びたいのでもっとハードに働ける会社を希望したい、と見つけた優良企業では無く方針を変える方も出てくるかも知れません。

転職活動を通して、自分を深く知ることもあります。

自分にとっての優良企業の基準を考える事が、まず大切と言えますね。

隠れ優良企業の探し方

隠れ優良企業を求人サイトで探す

隠れ優良企業へ転職したい、と思った場合。

隠れ優良企業一覧、リストなどで調べた企業の求人を片っ端から調べていくという力業もありますが、転職エージェントを利用し希望条件に「優良企業の条件」を指定してみたり、探してもらうといった方法もあります。

地方都市でも優良企業は見つかります。

転職サイトで企業を探す

隠れ優良企業の探し方ですが、まずは自分が働きたい業界、就きたい職種から探す方法が良いでしょう。

先ほども書きましたが、全く興味のない仕事には応募したくない方が多いと思います。

希望条件でヒットした求人・企業を拾って、さらに詳しい情報を得てみましょう。

その際、ネット上の口コミ・評価を鵜呑みにしないことも重要なポイントですね。

有価証券報告書、四季報で企業の情報を調べる

見つかった企業の中には、有価証券報告書や四季報で情報を得られる場合もあるでしょう。

その場合には、隅々まで必ずチェックしたいですね。

数字はとても客観的に企業を知る際に役立つ指標となります。

在籍年数、平均年齢も地味に重要なデータといえます。

働いている人の話を聞く

知り合いのツテを辿り、実際にその企業で働いている人の話を聞くことが出来ると良いですね。

社内の情報、雰囲気、上司の性格、社長の方針などは、外部からいくら情報収集をしても分からない事もあります。

実際に働いている人が「とても良い会社!」と堂々と言える企業は、やはり優良企業といって良いのではないでしょうか。

同じ業界で働いている場合には、他の企業の噂・評価について知見がある場合も多いので、話を聞くことも大いに参考になると思います。

大手企業の子会社、グループ企業もチェック

隠れ優良企業を探す際、大手企業の子会社、グループ企業もチェックしてみてください。

福利厚生や待遇など、親会社に準じて高待遇になっている事も多く、働きやすい環境が多いです。

給与・年収こそ親会社には劣りますが、それでも一般的な企業よりも高年収である事が大区、労働条件も良い場合が多いと言えます。

それでいて知名度が低い事もあり、「親会社、ここだったんだ!」という企業も少なくありません。

狙い目の隠れ優良企業が多いといって良いでしょう。

隠れ優良企業への転職、求人情報を得る方法

隠れ優良企業へ転職するには、求人情報を得ることが第一です。

これまでのキャリアを活かせる業界、転職先を希望される方も多いと思いますが、20代であれば未経験業界への転職を希望される方もいらっしゃるかもしれませんね。

転職エージェントを利用して優良企業の求人を得る方法

転職エージェントの利用

隠れ優良企業の求人情報を得る方法としては、非公開求人も含めて探したいです。

知名度が低いため、自分で探してもなかなか見つからない可能性もありますね。

第二新卒者やキャリアをお持ちの転職希望者の方の場合、転職エージェントを利用しての情報収集がオススメです。

⇒ DODA

⇒ リクルートエージェント

などは第二新卒の転職支援にも実績があり、大手転職エージェントということで様々な業界・職種の求人を取り揃えています。

しかし、第二新卒でも3ヶ月、半年など短期間で退職してしまった・・・といった場合には、転職エージェントを利用しても紹介可能な求人が無い可能性もあります。

未経験の業界・職種へ転職を希望する場合もあるでしょう。

その場合には、第二新卒向けの転職エージェントを利用する方法がオススメです。

第二新卒向け転職エージェントを利用する方法

20代、第二新卒者を専門として、転職支援を行っている民間企業も増えています。

例えば、

⇒ ハタラクティブ

⇒ 就職shop

などがありますね。

未経験業界・職種への転職を希望する場合にも、未経験OKの正社員求人が多い事から有利に転職活動を進めていく事が出来ます。

転職先を探す際に、優良企業を探したい場合には、こうした転職サイト、転職エージェントを利用してより詳しい情報を得る方法をオススメいたします。

条件の近い企業を探してもらい、複数の求人を提案してもらう事も出来ますから転職活動も効率良く進めて行くことが出来ます。

-転職活動
-,

Copyright© 転職エージェントおすすめ , 2019 All Rights Reserved.