転職に悩む第二新卒
20代 転職エージェントおすすめランキング > 転職ノウハウ > 第二新卒 辞めてから転職するリスク

第二新卒 辞めてから転職するリスク


第二新卒 仕事辞めてから転職した方が良い?

第二新卒 辞めてから転職するリスク

仕事を辞めたい!

「今の会社はもう限界!無理」

と言うとき、仕事を辞めてから転職活動をスタートしようかどうか悩む方も多いと思います。

特に、今の会社を早く辞めたい事情がある場合には「辞める事への魅力」は抗い難いものがあります。

しかし、退職してから転職活動をする場合、リスクも大きいのが実際のところです。

転職活動を成功させるために、自分に合った転職活動の仕方を選ぶ事が重要となります。

勢いで退職願を提出してしまわないように、少し考える時間がを持たれると良いと思います。

退職後に転職活動を行うメリット・デメリットをしっかりと抑えて、それからどのようにすると最も転職活動がしやすいかを決める事が大切です。

ただ・・・とにかく働き方がブラックで、このまま仕事を続けていては倒れてしまうかも知れない・・・といった場合には、悩んでいる間もなく退職に向けて手続きを進めた方が良い場合もありますね。

第二新卒として今なら転職もしやすい時期です。

どのような選択をすると、最も自分の今後の人生にとって良いかを考えながら決断をする必要はあるのではと思います。

仕事を辞めてから転職活動をするメリット・デメリット

仕事を辞めたい、と思い始めるとつい辞める事のメリットに目がいってしまって・・という方も多いのではないでしょうか。

しかし、冷静に考えると辞めてから転職活動をする場合にはリスクが大きいのですよね。

転職活動を始めるタイミングは、生活に大きな影響を及ぼす可能性がありますので注意が必要です。

退職後の転職活動、メリット

退職した後に転職活動を行う最大のメリットは、やはり「時間があること」です。

会社に行く必要がありませんから、朝起きてから全ての時間を自分のため、転職を成功させるために使う事が出来ます。

求人もじっくり探す事が出来ますし、企業研究についてもしっかりと時間を使って情報収集する事が可能です。

資格取得やスキルアップのための時間も取りやすいのではないでしょうか。

また、職場の人間関係などがストレスで退職理由であった場合には、そうしたストレスも無くなります。

そうした部分は、とても大きなメリットに感じられるのではと思います。

退職後の転職活動、デメリット

退職してからの転職活動でデメリット・リスクになるのは、

収入

についてです。

給与の締め日、振込日の関係から退職して翌月くらいまでは給与振込がある方も多いとは思いますが、それ以降は収入が途絶えます。

しかし、固定費として出ていくお金は確実に必要です。

例え失業保険がもらえたとして、給与額ほどには支給されませんし給付開始まで時間がかかります。

そのためよく言われるのは、

「退職しても半年程度は生活出来るだけの貯蓄をしておくこと」

退職してから転職活動をしよう、といった場合には転職活動のスケジュールを立て、内定をもらうまでに必要な期間、今の貯蓄で生活できるかをしっかり考える必要があります。

転職活動が必ず予定の期間で終わるという保証はありませんから、長めに考えておく事が重要ですね。

お金が無くなってしまうと、当然ですが生活出来なくなります。
お金が底を尽く、という恐怖は実際に体験すると本当にこういった思考になってしまいます。

もう希望の仕事とか言ってられない。どこでも良いから就職して働かなければ・・・

例えブラック企業、キツそうな仕事だと分かっていても応募して内定が欲しい、といった考えにもなってきます。

希望を持つために転職活動をスタートしたのに、追い詰められて希望しない転職先へと流れていくのは避けたいですね。

退職してから転職活動を行う場合、収入に関しては非常に大きなリスクと言えます。

在職しながら転職活動をするメリット・デメリット

退職してから転職活動を行うのでは無く、在職しながらの転職活動は少なくとも収入が安定して得られます。

生活面では安心と言えます。

時間をやり繰りして転職活動をする必要はありますが、収入面でのリスクが大きすぎますから、基本的には在職しながらの転職活動がオススメと言えます。

在職しながらの転職活動、メリット

在職しながら転職活動を行う一番のメリットは、

安定した収入

です。

転職活動が長引くと、ストレスもあるとは思いますが生活は維持できます。

ヘンに条件面で妥協したり、収入が無い事に焦らずに転職先を探す事が出来る、というのは非常に大きなメリットと言えます。

どうしても良い転職先が見つからなければ、しばらくまだ今の会社を辞めずに仕事を続けるという選択肢もあります。

(退職のことを同僚、上司には言ってないですよね?転職先が決まってから上司に退職意思を伝える事が重要です)

退職してから転職活動をする場合、転職先がずっと決まらない可能性もあります。
収入が途絶えて、生活費がもう賄えない。
そうしたリスクを考えると、在職しながらの転職活動がやはりオススメと言えます。

在職しながらの転職活動、デメリット

在職しながら転職活動を行う事にはデメリットもあります。

時間の無さ

は転職活動で大きなネックとなってしまうでしょう。

また、面接も基本的には平日に行われますから、どう理由を作って面接を受けるかで悩む方も多いのではないでしょうか。

有給休暇を利用して面接を受ける場合が多いと思いますが、理由を聞かれる職場も多いでしょう。

思うように自由に転職活動が出来ない可能性があります。

また、見事に転職先が決まってからも大変です。
退職の意思を伝え、引き留めに負けず退職日を調整する必要があります。

出来るだけ早く入社して欲しい、と言われる場合には日程調整に苦労する可能性が高いです。

第二新卒、転職活動のタイミング

仕事を辞めてから転職活動をした方が良いのか、在職しながら時間をやり繰りして転職活動をした方が良いのか、メリット・デメリットを考えながら自分の今の状況に合わせて選ばれると良いでしょう。

体力・精神的に限界が近い場合には、正常な判断が出来る今の間に退職をして短期集中で転職活動に臨んだ方が良いかもしれません。

転職エージェントを利用すれば、短期で転職先が見つかる可能性もありますからね。

第二新卒は採用ニーズがとても高い年代です。

あまりに求人を選び過ぎなければ、転職先が決まる可能性は高いですので悩み過ぎて仕事に支障が出るくらいであれば、まずは情報収集から転職活動を始めてみると言うことも考えてみてください。

一人での転職活動だと、新たな悩みでまた立ち止まってしまう可能性があります。

第二新卒の転職活動には、転職エージェントの活用がオススメです。

第三者から見てあなたの市場価値、希望条件に沿っての転職先探し、キャリアを伸ばすための転職先探しなど、様々な視点から求人を提案してもらう事も出来ます。

転職活動のほとんどを代行してもくれますから、在職しながら転職を目指す方にとってはとても助かるサポートともなります。

転職エージェントの利用は無料です。

悩んで何も進まない、かえってストレスが溜まってしまう・・・というよりも、まずは相談をしてみる、自分は果たして転職成功の可能性があるかどうか、ということも考えてみてはと思います。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓