第二新卒として転職に悩む女性
20代 転職エージェントおすすめランキング > 転職ノウハウ > 第二新卒 転職に失敗するとどうなる?

第二新卒 転職に失敗するとどうなる?


第二新卒 転職に失敗したら

第二新卒 転職に失敗するとどうなる?

第二新卒 転職に失敗するとどうなるでしょうか。

「第二新卒は転職しやすい!」

確かにそうなのですが、転職がしやすいから「第二新卒として転職成功する」とは限りません。

安易に転職を決めてしまい、結果として転職に失敗

その後のキャリアを潰してしまったり、転職を繰り返す羽目になってしまう可能性もあります(ジョブホッパー)。

やはり1つの会社では最低3年は働くことが大切、といった事で考える人は多く(面接する立場になると本当にそう思います。職歴短い人は要注意です)短期間での転職を繰り返すのは基本的には避けるべきです。

第二新卒として、1回目の転職をお考えになっている方も多いと思います。
(中には第二新卒で2回目の転職、という方もいるかもしれません)

短期離職を繰り返す職歴とならないように、第二新卒の転職はしっかりと自分に合った企業かどうか、キャリアを積めるかどうか見極めてから決断する事が重要となります。

転職エージェントを利用し、企業の詳細な情報を得る方法は有効です。

⇒ 20代 おすすめ転職エージェント ランキング

転職してからの仕事内容、キャリア、残業の状況など、気になる事を事前に確認出来るメリットがあります。

第二新卒の転職で失敗しやすい人

転職に悩む第二新卒
第二新卒の転職について、失敗しないために気をつけたいポイントをご紹介しています。

とにかく今の会社を辞めたいから転職する

入社して2ヶ月、3ヶ月と経つと職場の粗というか、働きにくさみたいなものが見えてきます。

「残業が多い、土日もどちらか休日出勤が基本」

「上司がもしかしてパワハラな人かも」

「職場の人間関係が上手くいかない」

「今の仕事、実は私に合っていないみたい」

それが大きな不満、悩みへと育ってしまう方も中にはいます。

第二新卒で転職ができる今なら、次の仕事も見つけやすいだろうから辞めてしまおう。

とにかく今の会社を辞めたい、仕事を辞めたい、と転職を決意する方も多いでしょう。

しかし次の仕事で何をしたいか、転職によって実現したい事を明確にしてから転職活動をしなければ、

「また次の会社もすぐに辞めたい」

と思ってしまう可能性が高いです。

「今の会社をとにかく辞めたい」

という人と、

「やりたい仕事があって、それが実現出来る会社へ転職したい」

人とではモチベーションも違ってきますし、志望動機やアピールにも差が出るでしょう。

転職先で活躍出来そうな人はどちらでしょうか?

少なくとも、やりたい仕事を明確にしてからでなくては転職先も探せませんし、転職してもまた辞めたいと考えてしまう可能性があります。

転職理由がネガティブ

第二新卒で特に早期離職となる方は、転職理由がネガティブなケースが多いようです。

辞めたいと思う理由を、自分以外のせいにしていませんか?

会社を辞めたい理由は色々とあるとは思いますが、退職の原因を会社のせい、同僚のせい、上司のせい、だけにしていてはまた同じ失敗をする可能性が高いです。

第二新卒の転職活動、面接では退職理由を必ず質問されますが、

「その状況を改善するために、あなたは何かしましたか?」

といった事をさらに質問される可能性があります。

「いえ、何も変わらないと思いましたので特に何もしていません。早く辞めようと思いました」

と言った事は答えられませんよね。
上手く答えられずに沈黙が流れるかもしれません。

面接で沈黙が続くのはNGです。

自分にも原因があると考えて、改善できることは無いかどうか。
どうすれば同じ失敗をしないように出来るか、といったことも重要となります。

その上で、転職理由をポジティブなものに変換をして、応募書類や面接でアピールすることが重要です。

志望動機

新卒の就活でも同様でしたが、第二新卒の転職でも「志望理由と今後のキャリアの一貫性」が重視されます。

異業種転職を希望する第二新卒の方もいるかもしれませんが、その際には異業種へを希望する理由、今後のキャリアの一貫性が必要です。

「転職出来そうな会社を業界にこだわらず受けています!」

といった事にならないように、業界・職種は絞ることが必要です。

曖昧な志望動機にもならないように気をつけたいですね。

転職先が決まる前に退職してしまう

転職は在職しながらが基本です

その一番の理由は「収入」です。

「とにかく今の会社を辞めたい!」からと転職先が決まる前に退職してしまうと、収入が無くなり生活が苦しくなる可能性があります。

短期離職の場合には、失業給付が出ない方もいるでしょう。

また、失業給付が受けられる方でも待機期間もあります。
給付されるまで生活費が持たない、といった可能性もありますね。

退職を考え始めた日から、出来る限り出費を切り詰めてお金を残すようにされると良いかと思います。

転職活動の期間を長く見て半年、これくらいの期間は収入が無くても生活出来るように貯蓄があると、まだ精神的に楽ではないでしょうか。
(もっと転職活動の期間がかかる場合もありますが・・・)

収入が途絶え、貯蓄が尽きてくると希望の転職ができなくなる可能性があります。

「やりたい仕事なんて言ってられない。どこでも良いから転職を決めないと」

「何十社も落ちてしまったし、もうブラック企業しか転職は無理かな・・・でもブラック企業でも生活のために働かないと」

こうなると、転職失敗への道を突き進むことになってしまう可能性が非常に高いです。

転職活動で追い詰められないために、在職しながら収入を確保しつつ転職先を探す事が大切です。

第二新卒の転職を成功させるには

今の会社を辞めたい、転職したい理由は人それぞれ。
どんな転職理由であれ、ダメという訳ではありません。

ただし、転職するのであれば失敗するよりも成功出来るように、しっかりと情報収集を行い転職先を決める事が大切です。

在職しながら転職活動をするのは時間的にも大変です。

そうした事もあり、転職エージェントの活用をオススメしています。

転職先として、優良企業、ホワイト企業などを希望している第二新卒の方は多いと思います。

今よりももう少し労働環境の良い会社で働きたい、といった場合には、

⇒ 隠れ優良企業を見つけ、転職する方法

の記事も参考にしてみて頂ければと思います。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓