未経験業種へ転職
20代 転職エージェントおすすめランキング > 転職ノウハウ > 未経験業種への転職、限界の年齢について

未経験業種への転職、限界の年齢について


未経験業種へ転職 年齢の限界

未経験業種への転職、年齢の限界は何歳まで?

未経験業種へ転職を希望されている20代、第二新卒の方も多いと思います。

実際に働き始めて、この仕事をずっとしたい訳ではない事に気づいた。本当にやりたい仕事に就きたい

新卒の時には内定がもらえなかったけれど、元々興味があった業種へやっぱり転職したい

転職の年齢に関しては、一般的には35歳くらいが限界といわれてきましたが、最近は40代でキャリアアップのために転職をする方も増えてきました。

企業側も優秀な人材は採用したい、人手不足の状況もありますが転職に関して寛容的になってきたのではないでしょうか。

転職に対して、社会全体がポジティブになってきている感はありますね。

昔は転職する、という事はネガティブなことでしたから、あまり口に出せるものではありませんでした。

今は新卒入社1年目の人も10%前後の人が「会社を辞めて転職したい」と考え、入社2年目では約30%が同様に「辞めて転職したい」と考えていると言われます。

安易に転職する事はオススメ出来ませんが、転職はとてもしやすい状況と言えるでしょう。

特に第二新卒は未経験業界・職種へも転職がしやすい年代となっています。

しかし、第二新卒と言われる年齢を超えた後に異業種転職を目指したい方も多いと思います。

未経験業界・職種への転職は何歳くらいまで可能なのでしょうか?

未経験での転職、ベストな時期と年齢について

未経験の業界・職種へ転職をしたい!

といった場合、就職エージェントの方の話や人事担当者の話から総合すると、

業界・職種によって未経験から転職する際の年齢の限界は違う

という事が見えてきます。

いくつかの仕事をピックアップして転職の年齢限界をみていきましょう。

プログラマー、ITエンジニアへ未経験から転職

例えば、ITエンジニアとして未経験から転職を目指したい場合。
多くの人事担当者がいうのは未経験者の採用であれば28歳くらいまで、ということです。
ギリギリで29歳。

若ければ若いほど採用したい、と考える企業が多い業界といえます。

プログラミング言語は覚えたとしても、実務の中で実際に扱うには試行錯誤が必要です。
柔軟な吸収力、コミュニケーション能力、また新しい技術が出てくる事も多く常に勉強が必要な職種とも言えます。

しっかりとした基礎力を身に付けエンジニアとして活躍するには、30代になってからでは遅い、というのが共通した意見として見られます。

30代未経験OK、といったプログラマー求人なども時々見られますが、非常にレアといえます。

また就職する際には、プログラマーとしてしっかり経験が積めるかどうかも重視する必要があるでしょう。

就職してみたらテスターやサーバー監視業務などが主な業務だった、ではスキルが身に付きません。

IT業界へ未経験から転職を目指す場合には、注意が必要です。

営業職

未経験OKの正社員求人の割合が最も多いのが営業職、といっても良いでしょう。

営業職であれば、社会人経験者なら30代半ば~40歳くらいまで転職可能なケースは多いです。
未経験OKの求人としては、35歳前後が多く見られます。

営業と言っても様々な商材があります。
有形商材、無形商材。

営業スタイルも様々ですね。

自分に合った営業の仕事が見つかると、大きなやり甲斐も得られる職種と言えます。
高年収が多いお仕事でもありますね。

事務職

事務職は特に女性から人気が高い職種ですが、未経験から転職を目指す場合には27歳前後が限界ではないでしょうか。

新卒でも人気が高く、応募倍率は非常に高くなる傾向が強いです。
未経験者を採用する場合、わざわざ年齢が高い方を採用する必要性があまり無いと言えます。

事務職に有利な資格を取得することでアピール出来る場合、また応募する企業によっては中途採用される可能性はありますが、30歳を超えての未経験転職は非常に厳しい職種といって良いでしょう。

アパレル販売

服が好き、ファッションが好き、ということで改めて転職をしたい、異業種転職を目指す女性も多いのですが、20代後半が限界と考えて良いかと思います。

ただしブランドがターゲットとする層が30代、40代であればショップ店員も合わせた年齢層になりますので、30代でも転職のチャンスはあります。

しかしアパレル販売スタッフ経験者も同時に応募している事が多いため、コミュニケーション能力、志望動機をしっかりとアピール出来なければ、採用される事は難しいといえそうです。

30代、異業種転職を目指すのは厳しい

幾つかの職種で業務未経験から転職できる年齢について可能性を考えてきましたが、やはりポイントとなる年齢は27歳、28歳といえるでしょう。

企業としては、未経験者を中途採用してからも戦力になるまでの期間を考えなくてはなりません。

1年、2年くらいかかって一人前に仕事を任せられる、といった場合には29歳では遅いと判断するケースはやはりありますね。

29歳はほぼ30歳、ということで採用を見送るケースは多いと言えるでしょう。

30代になると、多くの企業では即戦力を期待します。

また、管理職として部下のマネジメント経験を持つ人材のみを中途採用する方針を持つ企業も多いですね。

30代から未経験、異業種転職を目指す場合にはかなりの困難さがあります。

ですからもし転職活動を始める場合でも、

転職先が決まらない事を前提に

考えて在職しながらの転職活動が必要ではないでしょうか。

仕事を辞めたい、という何らかの事情があるかもしれませんが30代になってからの転職活動は、経験のある業界・職種であっても厳しいのが現実です。

30代、退職後にフリーター・ニートになってしまうと再就職先探しが非常に困難です。

そうしたリスクは避けたいです。

30代、異業種転職を目指す場合には慎重に転職活動を行うことも、その後の生計を考えても大切な事と言えるでしょう。

未経験業種へ転職するなら何歳まで?

もし、転職に興味がある業界・職種がある場合、出来るだけ若い年齢でチャレンジする事が大切といえます。

年齢を重ねれば重ねるほど、応募出来る求人、転職成功の可能性は減ってきます。

30歳を超えての未経験、異業種転職は可能性が低いです。

そうした事がないように、20代では5年後、10年後を考えてのキャリア形成が大切と言われます。

自分に合っている仕事に20代の間に就けるように、就職や転職活動をする必要があるといえますね。

もし、転職をする場合には20代であれば20代に特化した転職エージェントの活用が異業種転職ではオススメです。

未経験OKの正社員求人が多いですから、異業種からの転職希望者も前向きに採用を検討してくれる企業が多いです。

希望の職種があるかどうかについては、随時、求人状況によるところとなりますので問い合わせをされることをオススメします。

⇒ 未経験OK、20代向け就職支援サイト

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓