就活のアドバイス

新卒と中途採用 就活方法の違い


新卒採用と中途採用の違い

20代、第二新卒として転職活動をする場合、ついついまだそんなに年数が経っていないこともあり新卒の頃と同じ感覚で就活や転職活動を進めてしまう方も多いと思います。

しかし、新卒と中途採用は違います

しっかりと異なる考え方で就活を進めていく事が重要です。

「求人への応募、書類選考、面接、役員面接、内定」

といったような流れについては新卒も中途採用も大きな違いは無いと言えます。
業種、職種によっては作品提出であったり、面接が3回あったりなどはしますが、選考の流れについては大きな違いは確かにありませんね。

しかし、そこ(新卒採用と中途採用)には大きな差があります。

そうですね、中途採用者に関しては社会人経験が既にあるわけですから、短期で戦力になる人材である事が期待されます。

即戦力ということですね。

就活において、志望動機や面接でアピールをする場面も多々ありますが、「今までの経験を活かして御社に貢献出来ます」といったアピールなどです。

「未経験なので自信が無いですが頑張ります・・・」ではいけないのですね。

第二新卒として、中途採用として就活を進めていくにあたり、企業が中途採用者に何を期待しているのか、どんな目的で人材採用をするのか、といった事も考えてみるとより採用担当者にアピール出来る応募書類、面接対策など準備する事が出来るのではと思います。

新卒と中途採用、期待されることが違います

第二新卒
新卒と中途採用では色々な面で、企業側から期待されることが違ってきます。

・即戦力である事(短期で戦力になれる事)

・ビジネスマナーの研修が不要である事

・2社目(3社目?)での勤務ということで、しっかり働いてくれるという期待。意欲の高さ

・企業に新しい風を入れてくれる事

・社会人経験はあるが、まだ素直さもある事(吸収力が高い)

などが特に20代、第二新卒で採用する中途採用者に期待されることとして挙げられるでしょうか。
話を聞く採用担当者によっても変わってきますからね。

ちなみに、30代の中途採用になると、もうとにかく即戦力は当たり前です。
管理能力も問われてきますし、売上げの短期アップ、改革を引っ張ってくれる人材など、さらにハードルが上がっていきます。

それを考えると、まだ20代、第二新卒の中途採用者に対してポテンシャル採用も多い事が理解できます。

また、中途採用の就活ですが、もちろんこうしたポジティブな面だけではなく、ネガティブな面も理解して就活を進めていく必要もありますよね。

・すぐにまた短期で辞めてしまうのでは?と思われやすい(特に半年など短期での退職者)

尤もたるものはこれです。

短期間で退職してしまった方は、どうしても「採用しても、短期で辞められたら困るな・・・」という印象がつきまとうことは覚悟しなければなりません。
そうした心配が無いことを、しっかりと応募書類、志望動機や面接にてアピールすることが必要です。

また、退職理由もかなり突っ込まれて聞かれる事も多いでしょう。

言葉の使い回し一つで印象はガラリと変わってしまいます。
面接対策での話し方、使う言葉に関しても一度書き出してチェックしてみると良いかもしれません。

中途採用の就活、成功のポイント

第二新卒の転職支援
中途の転職活動を成功させるポイントは、企業の採用担当者により具体的に入社後のあなたの活躍をイメージさせる事です。

そのために具体的に最初の会社で学んだこと、身に付けたスキル・知識、実績などを伝える必要があります。

特に実績をアピール出来る場合には、再現性にも注意して面接対策などを進めていく事が重要です。

なぜ、その営業成績を達成できたのか、といった部分を理論立てて説明できると良いですね。
一度棚卸ししておくと、転職活動中はずっと活用出来ます。

あなたを採用する事で企業にどんなメリット、利益があるかと言ったことをしっかりとアピールしましょう。

第二新卒採用に積極的な会社の求人を効率良く情報収集するには

20代 オススメ転職サイト

などで20代、第二新卒として中途採用、就活を進める際に求人情報を得やすい人材紹介会社、転職エージェントをご紹介しています。

こうした求人情報源を活用される事もオススメです。

就活の進め方、具体的な面接対策についてもアドバイスを受けることも出来ます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓