第二新卒、転職活動のポイント
20代 転職エージェントおすすめランキング > 転職ノウハウ > ベンチャー企業、大手優良企業、就職するならどっち?

ベンチャー企業、大手優良企業、就職するならどっち?


ベンチャー企業、大手優良企業、就職するならどっちが良い?

第二新卒として転職を考えた場合、求人を見つけやすい年代として転職先選びに迷うことも多いと思います。

最初の就職先での経験にもよりますが、大手企業への転職を志向される方も多いと思いますし、経験を積みたい!自分を仕事で忙しくしたい!とベンチャー企業(スタートアップ企業)を希望される方もいらっしゃるでしょう。

イメージ的にも、

・大手企業 = 経営安定

・ベンチャー企業 = 経営不安定

とお持ちの方も多いかもしれませんね。

どちらも選択肢がある場合、ベンチャー企業と大手企業、それも優良企業と世間一般で言われるような大手優良企業への求人と応募出来る状況にあるのであれば、どちらを選んだら良いでしょうか。

大手企業が向いている人

大企業建物
大手企業で働くメリット・デメリットについてまとめています。

メリットに多くの魅力を感じる人は、大手企業で働く事に向いているといえるでしょう。

大手企業で働くメリット

大手企業に勤めるメリットは、やはり経営の安定性がメリットといえます。

もちろん、どんな大企業にも倒産の可能性はありますし、今であれば、買収されたり海外資本の傘下に突然入る事だってあります。

何が起こるか分からない時代に突入しています。

しかし、社員として働く立場として考えれば、急に倒産して職を失う可能性はかなり低いです。

よほどの事が無い限り、銀行も会社を支えようとしてくれますからね。

福利厚生の手厚さ、給与も業界の平均年収よりも高い場合が多く、様々な面で待遇が手厚い企業が多い事も、大手企業で働くメリットといえるでしょうか。

ちなみに、大手企業に勤めているとベンチャー企業勤務よりも銀行の融資(特に住宅ローンなど金額が大きく、長期返済の必要がある融資など)は審査が通りやすい場合もあります。

大手企業に勤めている事で得られる、社会的な安定感は確実にある、といえるでしょう。

大手企業で働くデメリット

対して、大手企業で働く事のデメリットとしては、

・決裁権がなかなか与えられない(与えられても狭い範囲)
・自分よりも優秀な人材が多数いて、限界を感じる可能性
・良いアイデアがあっても冒険しにくい(上司の許可が出にくい)
・昇進が遅い

といったようなデメリットなどが挙げられます。

大手企業には有名大学からの学生が多数、新卒として毎年入社すると思いますが、中には、ビックリするくらい優秀な人材がいたりします。

とても敵わない・・・と思ってしまう同期やすぐ上の先輩などいる方も多いのではないでしょうか?

大人数ゆえに昇進が遅いことも、デメリットに感じる方も多いと思います。

役職を得るまでに何年もかかる場合が多いですし、もし経営に関わりたいという目標を持っていたとしても、それは叶わない可能性が高いです。

社内競争を勝ち抜けるのは、本当に一握りだけという世界です。

脱落者の多くは子会社に出向、転籍、といった行く末もあるかもしれません。

大手企業では決裁権が決められていますし、融通が利かない場面が多いです。

「こんな仕事をしたい!アイデアがある」

と上司の課長に言っても、それが課長の決裁権を超えていれば、まず黙殺されるでしょう。

自分の権限では無理だし、上に諮るのも面倒だからです。

リスクを取りにくい体質はどの企業にもあるでしょう。
思ったように動きにくい、というのはあるかもしれませんね。

大手企業で働くメリット・デメリットについて、みてきました。
これが全てではもちろんありませんが、どちらに強く感じるものがあるでしょうか?

ベンチャー企業が向いている人

ベンチャー企業(スタートアップ企業)で働くメリット・デメリットについてまとめています。

メリットに多くの魅力を感じる人は、ベンチャー企業で働く事に向いているといえるでしょう。

ベンチャー企業で働くメリット

ベンチャー企業で働くメリットは多数あります。
人によっては、とても魅力的に感じると思います。

・売上げ(粗利)に対しての意識が強くなる

ベンチャー企業では当然、売上げに対して敏感である必要があります。

これがヒットしなければ倒産!

といった意識で仕事をしている社長は多いと思います。
そして社員にもそれを求めます。

利益を生まないことには、キャッシュが足りなく可能性があります。

明日の売上げを作るためにどうするか、さらに3ヶ月後、半年後、1年後の種蒔きもしながら、ということで売上げ/利益に対して、高い感度が求められます。

・稼ぎ方が分かる

ベンチャー企業では社長が第一線の最も前で仕事をしていることが多いです。
仕事を間近でみる事が出来ますから、学ぶ気さえあれば、とても良い環境です。

また、給与に関しても社長の一存で決まる事が多いです。

売上げを大きく上げていれば、年収1,000万をもらっても良いはず!と交渉する事だって可能です。

会社の売上げ(利益)への貢献度が高いと社長が認めれてくれれば、いきなり年収数百万が上がる可能性も十分あるベンチャー企業は多いでしょう。

そういったところからも、自分の作った利益と給与の感覚は身に付いてくると言えます。

・社長とコミュニケーションを取る機会が多い(他社も含めて)

ベンチャー企業では社長と接する事が多いです。
社長も含めて数名、という会社が多いですから社員以上に第一線で働いていたりします。

決裁権の全てを持っていますから、自分が行った方が早いと取引の場にも多く顔を出します。

そうした社長の知り合いが徐々に増えていく事も、ベンチャー企業で働く大きなメリットかもしれませんね。

将来的に起業したいと考えていれば、身をもって厳しさを知っていますから力になってくれる社長も少なくないでしょう。

・昇進が早い

ベンチャー企業ではなにせ人がいません。
社長以下、みんな横一線という会社もあると思います。

成果が出せる人材であれば、20代で部長に昇進といった話はザラにあります。

・自分の考えで行動しやすい

上司も自分の仕事で忙しいのに、あまり面倒を見てもらえない会社が多いのではと思います。

管理職も基本、プレイングマネージャーです。
手取り足取り部下をサポートは無理といって良いでしょう。

多少の失敗はOK、自分で考えて行動しろ!的な事が多いですから、指示待ちでは務まらないのが、ベンチャー企業での働き方といえます。

その分、早く経験を積む事が出来ます。

ベンチャー企業で働くデメリット

ベンチャー企業で働くデメリットは、やはり激務であることが多い、ということでしょうか。

そもそもその忙しさを激務と思っていない人が多く働いているので、そういって良いのかも悩むところですが・・・

売上げを作るための仕事は、少ない人数で回すと終わりが無いと感じる事もあります。

それと並行して、将来の売上げも作る手を打っておく必要があります。

そうして動く社長を身近に見れることは、これからのビジネス人生で大きな経験になる事は間違いありません。

また事業が一度上手く回らなくなると、倒産まで早いのがベンチャー企業でもあります。

手元に豊富なキャッシュが無いベンチャー企業も多いでしょうからね。

ただし、鍛えられた人材は転職先が見つけやすいというメリットもあります。
20代で新規事業の経験あり、売上げを自分で作れる人材は引く手あまたではないでしょうか。

大手企業、ベンチャー企業、どちらが合うかは人それぞれ

結局、予想通りの結果になるのですが、大手企業とベンチャー企業、それぞれに合う人は考え方次第となります。

どういった人材になりたいか。
どんな人生を実現したいか。

これに合わせて転職先を選ぶ事がとても重要です。

もちろん全てのベンチャー企業が毎日終電、といった働き方ではありません。
定時で帰ること、ライフワークバランスに力を入れている企業もあります。

ただ基本的には、必要な仕事だからやる、という意識が必要かなと思います。
何時になったからお仕舞い、という方には向かないと言えます。

出来れば毎日定時に帰って、趣味の時間なども大切にしたい、という方にはまず向かないのではないでしょうか。

自分を忙しくして早く経験を積みたい、20代で経営に関わりたい!自分でも起業したいので学びたい、など目標のある方にはオススメです。

自分自身の軸を持って企業を選ぶ事が、とても大切ですね。

関連記事もご覧になってみてください。

第二新卒 ホワイト企業へ転職するには
20代転職 キャリアチェンジに成功するためには

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓