入社1年目、辞めたいと悩む
20代 転職エージェントおすすめランキング > 第二新卒転職 > 第二新卒 1年未満での転職は難しい!でも転職したい!

第二新卒 1年未満での転職は難しい!でも転職したい!


第二新卒 1年未満の転職

第二新卒 1年未満での転職、成功させるにはどうしたら良い?

新卒入社後1年未満での転職活動

転職しようか、転職はもうちょっと待って残って仕事を続けた方が良いのか・・・

迷われている方も多いと思います。

入社してまだ1年経っていない・・・という事で、

転職しても大丈夫?転職先って見つかるだろうか?

と不安や迷いがある方も多いのはないでしょうか。

こんな状況では日々の仕事にも集中できない!

新卒入社後して数ヶ月で退職、転職を考えるのですから、何かしらの転職理由があると思います。

でもやっぱりこれ以上、今の仕事を続けるのは無理・・・

第二新卒として1回目の転職であれば、まだ転職に成功する可能性は高いといえます。

2回目の転職であっても、まだ成功する可能性はあります。

しかし、転職活動をスタートするにあたってはしっかりと準備、情報収集をする事が必要です。

勢いだけで退職してしまったり、転職活動を始めても成功するのは難しいかもしれません。

転職一年未満でも転職を成功させるポイントについて、しっかり抑えてから転職活動をスタートすることで成功率を上げやすくなります。

また、職歴の浅い第二新卒の転職では「こんな仕事がしたい」という探し方になる方も多いと思います。

そうした転職先探しには、

第二新卒の就活を成功させるには、専門家のアドバイスの活用がオススメ

でご紹介しているような転職エージェントの活用もオススメです。

職歴の浅い1年目の転職であっても応募可能、第二新卒を歓迎している企業の情報も多く保有しています。

新卒1年目で転職に成功する人とは

第二新卒、入社2年目での転職活動
新卒入社して1年目、第二新卒として転職活動をする事が出来ます。

しかし、転職活動して成功出来る人と、転職先が見つからず失敗する人といます。

新卒1年目で転職に成功するには、どういったポイントに気をつけると良いでしょうか。

転職活動は在職しながらが基本

退職してから転職活動をして失敗すると大変です。
生活費を稼ぐためにフリーターになると、非正規雇用から抜け出すのが難しくなってしまいます。

また正社員を退職してフリーター、派遣社員になるのだけは避けたい、という気持ちが強い方の場合だと、

お金が尽きる前に、どこでも良いから正社員で就職しないと・・・

と就職しやすい企業を狙い始めてしまい、全く希望していない職種、働き方で就職をしてます可能性があります。

例えブラック企業でも良い、仕事をしなければ・・・という考え方になってしまいやすいので、注意が必要です。

こうした転職活動にとって絶対に避けたい思考は「貯金が尽きる」という恐怖、現実からきてしまいます。

ですから、もし退職をしてから転職活動を始めるのであれば無収入でも半年は生活出来る位の貯金をしてからの方が安心です。

通常、転職活動にかかる期間は2ヶ月前後、長くても3,4ヶ月をみておかれると良いでしょう。
(もっと転職活動の期間がかかる可能性もあります)

希望しない転職をせざるを得ない状況に陥る、そうしたリスクを避けるためにも第二新卒の転職は在職しながらが基本。

退職してから転職活動をされるのであれば、しっかり貯蓄をしてから、をオススメします。

職歴の浅い第二新卒、転職成功のポイント

入社1年目、職歴の浅い第二新卒として転職に成功するには、企業が第二新卒に求めている事を理解する事も重要です。

1回目の転職であれば、転職理由にもよりますがそこまで気にしない企業は多いですよ。

企業は第二新卒に対して「仕事への熱意」「今後の伸びしろ」を期待しています。
ほぼ新卒、と言うことは分かった上で採用・受け入れを考えています。

短期離職は自分にも原因がある、その上で改めて頑張りたい!

と考えているかどうか、素直で謙虚な人材かどうか。
採用した後、しっかり長くうちの企業に定着して頑張ってくれる人材かどうか。

中途採用で職場に馴染めるかどうか。

色々な事を考えながら、面接官はあなたを面接しています。

企業、面接官が第二新卒に期待する事を理解して、面接対策を行うことで答え方が変わってくるはずです。

職歴が浅いほぼ新卒の1年目、第二新卒にはスキルや経験、即戦力であることは企業はあまり期待していません。

2社目だからこそ、熱意を持って仕事をしてくれる人材であることを期待して採用を考えてくれます。

第二新卒、1年で中途での転職先は異業種が多い?

第二新卒の転職先ですが、異業種転職を希望し成功させる人が多いという調査結果が転職大手マイナビからアンケート結果として出されています。

20代で未経験職種・業種への転職を成功させた人は81%

にものぼります。

この中で、業界・職種ともに違う企業へ転職した人は61%ということで、第二新卒は未経験の業界・職種へも転職しやすいという傾向が分かります。

もし、最初の就職先の他に「本当にやりたい仕事」があったとしたら、第二新卒は異業種転職に挑戦する大きなチャンスの年代と言えます。

第二新卒はポテンシャル採用で考えてもらえます。

このチャンスを活かして、希望の仕事、業界・職種への転職チャンスをぜひ掴まえてはいかがでしょうか。

新卒1年目での転職、不利を逆転して転職成功するために

第二新卒の転職
新卒入社1年目、第二新卒として転職を受け入れている企業は多いです。

職歴が浅い時期での転職に有利なのは、1社目が大手企業、有名企業であること、そして出身大学が評価が高い方です。

学歴が高い人は、仕事も出来る傾向が高いため(実際、周りを見ても優秀な方が多いです)職歴が浅くても採用したい企業は多いといえます。

最近だと、銀行から転職を希望する第二新卒の方が非常に増えているそうです。

もちろん、どんな転職先を希望するかにもよりますが有名大学を卒業していない方、高卒の第二新卒の方も転職に成功出来る可能性は十分あります。

それだけ、第二新卒への採用ニーズが高い状況が続いているといえます。

転職に成功するには、準備、情報収集がカギとなります。

新卒入社1年目、不利な状況からせっかく転職をしたのに「次の転職先の仕事も合わなかった。また転職したい」となってしまっては、さすがに短期間で2回目の転職は厳しいです。

1回目の早期離職に関しては、転職理由や志望動機でカバーできたとしても短期間で早期離職が続くと、

仕事が長続きしない人材

にしか見えません。

そうなることを避けるためにも、職歴が浅い1年目の転職活動は慎重に進めることが大切と言えます。

自分に合っている会社かどうか、見極めためには情報が必要です。

企業研究の詳しい情報に関しては、個人で得るには限界がありますから早期離職者、第二新卒の転職に強い転職エージェントの活用がオススメです。

関連記事として、

第二新卒の就活を成功させるには、専門家のアドバイスの活用がオススメ

もご覧になってみてください。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓