業界研究、転職準備
第二新卒・20代転職に強い転職エージェント > 第二新卒転職 > 第二新卒 転職失敗にする人の共通点

第二新卒 転職失敗にする人の共通点


第二新卒の転職で失敗すると取り返しのつかない事に!

第二新卒の転職は、時期的にとても重要です。

「新卒で入社して3年未満の求職者」となりますので、第二新卒として転職を希望される方の多くは20代前半と年齢的に転職しやすいために、未経験職種・業種への転職も比較的しやすいです。

第二新卒の転職で失敗してしまうと、その後の仕事のキャリアにおいて取り返しの付かない事になりかねません。

本当にやりたい仕事がしたい、とキャリアチェンジを狙ってみたものの・・・入社してから分かった大きな勘違いなどがあってはなりませんよね。

第二新卒の転職で失敗してしまうと、その後も再び転職で失敗してしまう可能性が高いと言われています。

転職に失敗したと思った場合、再度、転職を考える傾向が強いのですが、短期間で転職を繰り返す人材はやはり採用したいと考える企業はありません。

第二新卒で転職に失敗する人の共通点を知り、転職が成功するように注意する事が必要です。

第二新卒 転職失敗にする人の共通点

就活のポイント
第二新卒で転職失敗する人に多い共通点についてみていきましょう。

とにかく今の会社を辞めるための転職

今、勤めている会社への不満が多く、とにかく会社を辞めたいために転職をする場合。

「休日出勤、残業が多いのとにかく辞めたい」

「人間関係で問題があり、辞めたい」

「思っていた仕事とは違った、自分はこんな仕事がしたいのでは無い。辞めたい」

不満が中心で退職を考える場合、次の仕事へのビジョン、やりたい仕事が明確になっていませんから、転職先選びで失敗する可能性が高くなってしまいます。

退職理由と志望動機に一貫性がなくなりやすいため、特に面接で突っ込まれた場合に曖昧な答えをしやすくなってしまいます。

第二新卒の転職活動を新卒の時と同じように考えている

第二新卒の転職活動は、新卒時の就職活動とは全く違います。

新卒時の就職活動の際には出来るだけ多くの会社にエントリーを出して、といった方法で就活をされていたかもしれませんが、そうしたやり方が第二新卒では避けた方が良いです。

特に「在職しながら転職活動をする」場合にはそんなに転職活動のために時間が取れません。

必然的に応募する求人、会社を絞り込む必要があります。

それに今回、第二新卒として転職を短期でしたいということですから、以前の就職活動の方法が失敗だった、という事でもあります。

同じ方法で転職活動をしても再び失敗する可能性は高いですよね。

第二新卒の転職活動は、しっかりと次の仕事へのビジョンを持って進める事が、成功のポイントです。

転職先の情報をしっかりと集め、ミスマッチが無いようにしなければなりません。

退職理由を人にせいにしない

今の会社を辞めたい、という理由は人それぞれと思います。

しかし、それを他人や会社のせいにする人がいます。
そうしたとてもネガティブな理由は、次の転職理由には当然出来ませんし、次の転職先でも同様に考えてしまう可能性が高いのです。

次の転職先をもし再び、短期で退職する事になると2回目の転職となります。

28歳、29歳と20代で2回目の転職であれば、そこまで評価を気にする事が無い場合が多いですが、短期での2回目の転職はかなり評価を下げる要因となってしまいます。

次の転職先が決まる前に退職、お金がみるみる減る事に・・・

「とにかく今の会社から早く辞めたい!」

ということで転職先が決まる前に会社を辞めてしまう方も、中にはいらっしゃるかもしれません。

その場合、十分な貯蓄が無く生活費が短期で底を付く可能性があります。
お金が無ければ生活出来ません。

その結果として、

「どこでも良いから早く転職先を決めなければ・・・」

と焦りから、希望の仕事もなにもあったものでは無くなり、ひいては内定が出やすいブラック企業に転職してしまう可能性も。

ブラック企業の求人は好条件で求人サイトで掲載されている事も多いため、特に「お金」に敏感になっている状態では、特に興味を惹かれてしまう可能性があります。

退職しての転職活動は「時間」はたっぷり使って、腰を据えて転職活動に取り組む事は出来ますが、「お金」がありません。

転職活動も交通費や遠方の会社を受ける場合、宿泊費なども掛かる事もあるでしょ得。

転職活動をにもお金がかかります。

焦りから「どこでも良いから転職を決めなければ」といった状況になることを避けるために、在職しながら転職活動が基本となります。

内定が出たらすぐに転職を決める

前項と内容が近いものがありますが、第二新卒で転職する人の中には「内定が出たらすぐにその会社への転職を決める」ケースも多いようです。

しっかりと情報収集をして第一志望!と決めているような会社であれば良いのですが、面接慣れのために、複数応募した企業の一つ、といった場合であっても第二新卒は企業の採用意欲が高いために内定が出る場合もあります。

転職活動は大変です。

そのため、内定が出た会社に早々に転職を決めてしまう方もいるでしょう。

その場合、入社前にしっかりと転職先の業務内容、社風、経営状況などを調べていない場合も多いため、再び、

「転職して失敗だったかも・・・」

と思ってしまう可能性があります。

第二新卒の転職、せっかくの転職のチャンスを大切に!

転職活動
第二新卒の転職は企業の採用意欲も高く、まだまだ内定が出やすい年代です。

第二新卒を中途採用したいと考える企業は多く、転職にはとても良いタイミングなのです。

20代後半、30代に転職活動をした場合と比べて、転職先の決めやすさは実感する事が多いと思います。
第二新卒という時期、転職しやすいタイミングとしてぜひ活かしたいですよね。

せっかく転職しやすいチャンスが多い年代なのですから、次の会社選びに成功するように全力で情報収集、準備をしたいですね。

そのためには、職理由、転職の目的を明確にすることがとても大切です。

再び短期間で転職したいと思わないように。

今の会社を辞めることが目的」になってしまうと、転職失敗になってしまう可能性が非常に高いといえますので、特に注意が必要です。

第二新卒の転職も基本、「在職しながらの転職活動」がオススメです。

またスケジュールを立てて集中して取り組む事も大切ですね。

忙しいとは思いますが、自分の人生を大きく変える「転職」ですから、より集中して転職活動を進められることをオススメいたします。

第二新卒の転職活動では、転職エージェントを活用して求人情報の収集をされる方が多いと思います。

第二新卒、20代の転職を成功に導く、おすすめ転職エージェント

などは第二新卒の転職支援実績も多いですから、有益な情報提供をしてもらえるでしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓