第二新卒 高収入の転職
20代 転職エージェントおすすめランキング > 第二新卒転職 > 第二新卒 転職で高収入を実現できる?

第二新卒 転職で高収入を実現できる?


第二新卒 高収入の転職をするには

年収500万以上、第二新卒求人ってある?

第二新卒、転職成功のポイント
第二新卒として転職活動をする際に、

今よりも年収が高い転職先を希望。年収500万以上とかで探したい

具体的に希望の年収額がある第二新卒の方も多いかもしれませんね。

年収500万以上、第二新卒求人はあります。

実際に探してみると分かるのですが、意外と「年収500万以上、第二新卒求人」は多いです。

もちろん新卒の時とは違い、高年収の仕事となりますので職歴が必要であったり、誰にでも応募出来る求人ばかりというわけではありません。

しかし中には、未経験OKの求人で年収400万、年収500万以上が狙える仕事もちらほら見る事が出来ます。

第二新卒として転職活動をする際、様々な条件から探す事が可能です。

希望条件で「高給与・高年収」を優先する事ももちろん出来ます。

年収は下がるよりも上がる方が嬉しいですよね。

手取りが増えることで、生活も充実しやすくなります。
でも、年収アップしても仕事が忙しくなりすぎるのは避けたい・・・。

転職をする際、色々な事を考えると思います。

大切なのは自分にとっての良い生活が送れること。
その上で、年収アップの転職を目指したい。

そうした第二新卒の方は多いのではないでしょうか。

第二新卒は転職しやすい年代ですが、転職活動に失敗してしまうとその後のキャリアがなし崩し的に落ちていってしまう可能性もあります。

転職先を選ぶ際には、しっかりとした情報を元に入社するかどうかを決断する必要があります。

そのための情報は、転職エージェントを活用して集める方法がオススメです。

年収500万以上、第二新卒向け求人も多い転職エージェント

第二新卒向け、未経験OKの正社員求人を多く保有する転職エージェントもあります。

その中でも実際に求人を探すことができ、オススメの転職エージェントをご紹介します。

マイナビジョブ20’s

20代 第二新卒・既卒に特化した転職エージェント、マイナビジョブ20’sです。

マイナビジョブ20’sでも第二新卒で年収500万円以上の求人を探す事が可能です。

口コミでも評価の高いエージェントサービスが多いマイナビグループ。

良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーによる、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適な転職先を紹介してもらう事が出来ます。

⇒ マイナビジョブ20’s 詳細はこちら

DODA

業界最大級の求人数を誇るDODA

第二新卒向け求人も非常に多いです。
大手企業からの求人も多数、ということも特徴といえます。

非公開求人も多く、好条件での転職を狙うならぜひ活用をオススメする転職エージェントの一つです。

「年収500万円以上が狙える!未経験歓迎・第二新卒歓迎の求人特集」が掲載されています。

・職種未経験歓迎
・業種未経験歓迎

といった事でも求人を探してもらう事も可能です。

⇒ DODA 詳細はこちら

第二新卒 転職で高収入を実現できる

年収500万円以上の求人もあり、第二新卒として転職を狙う事は可能です。

しかし、住んでいる地域や新卒入社してからの経験職種によっては、高年収の転職が少々難しい・・・という第二新卒の方もいると思います。

であれば、

今よりも高年収の転職を成功させたい

と考えて転職活動をする事も出来ます。

高給与・高年収を狙う場合の会社選びの基準として、次のようなものを挙げる事が出来ます。

基本給が高く、賞与の支給が多い会社へ転職する

賞与に基本給が大いに関係あることは、第二新卒の方はご存じと思います。

基本給が高く、夏・冬の賞与(ボーナス)支給3ヶ月、4ヶ月といった会社へ転職した場合、高年収が期待出来ます。

基本給が高い会社はやはり大手企業が多いですね。

残業代、退職金なども含めて手厚さを考えるのであれば、規模の大きな企業ほど有利と言えます。

傷病手足なども基本給をベースに計算されますから、転職を考える場合には基本給は重視したいですね。

手当が多く支給されるために高年収で見えている求人もありますから、基本給をしっかり確認される事をオススメします。

各種手当てが充実している会社へ転職する

会社によっては基本給は平均・相場並、各種手当が充実しているために高年収となっている場合もあります。

・時間外・休日・深夜労働手当
・役職手当
・資格手当
・皆勤手当
・精勤手当
・家族手当
・住宅手当(家賃補助)
・介護手当

などなど、企業によって様々な手当が支給されます。

手当支給は本当に会社によります。

求人情報を探す際に、珍しい・面白い手当がある企業かどうかかチェックしてみるのも良いかもしれません。

ベンチャー企業ほど、割と珍しい手当があるように思います。

歩合あり、実績が反映されやすい企業へ転職

営業職に多いですが、歩合制あり、実績が翌年の給与・賞与に反映されやすい企業へ転職する事で、高年収を実現する方法もあります。

年収1,000万円以上を20代で狙うのであれば、こうした実績が反映されやすい企業は有力です。

ただし、仕事が合わず実績を残す事が出来ない場合、会社に居にくくなるといった可能性もありますから、仕事内容、働き方をしっかり事前に情報収集をして判断する事が大切となりますね。

第二新卒にとって高年収・働きやすさ、どちらが大切か

第二新卒、転職活動のポイント
第二新卒はまだまだ社会人経験が浅い時期。

中途採用を行う企業にしても、即戦力までは期待していません。

それでも年収500万以上など高給与を用意して募集を行うのは、若手人材の確保、そして今後に期待してに他なりません。

これからしっかりキャリアを積んでいくことで、結果的により高年収を実現する機会も得られるはずです。

20代前半、第二新卒として仕事をこの先続けていく事を考えた場合、目先の高年収よりも「経験」を重視する事も大切と言えます。

国税庁が毎年9月に発表している「民間給与実態統計調査」によりますと、この数年、平均年収は420万円前後となっています。

実際には女性の平均年収がかなり下回りますので、差は感じることは多いのですが・・・

将来にわたって高年収を稼ぐ時期、と位置づけて第二新卒として転職先を選ぶ視点も大切かなと思います。

第二新卒は転職しやすい時期です。

だからこそ、自分の希望に合った仕事、働き方が出来る転職先を見つける事が大切となります。

企業の詳しい情報、転職後に積めるキャリア、昇進の仕方、年収アップの状況なども転職エージェントを活用する事で情を得られる事は多いです。

第二新卒の転職支援にも強みのある転職エージェントも多いですから、情報収集にぜひ活用をしてみてください。

⇒ 20代 おすすめ転職エージェント ランキング

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓