フリーターから正社員就職
第二新卒・20代転職に強い転職エージェント > 第二新卒転職 > 第二新卒が転職しやすい時期、転職活動は何月が良い?

第二新卒 転職しやすい時期


第二新卒が転職しやすい時期、求人数が多い月が良いタイミング?

第二新卒の転職は一年中、好きな時期に行う事が出来ます

中途採用を狙って転職活動をしますから、それこそ、思い立ったときから求人情報を探したり、転職エージェントに登録をしたりと転職活動をスタートすることが可能です。

しかし、人生に大きな影響を与える転職ですから、できる限り上手くいきたいですよね。
希望の転職先が見つかり、希望の働き方・生活が実現出来るように。

転職に成功したいです。

第二新卒は企業からの求人ニーズも高く、転職先が決まりやすい方も多いのですね。

とはいえ、必ず転職先が見つかるという保証はありません。

もし退職して転職活動をスタート、いつまで経っても次の会社が決まらずに第二新卒フリーター、ニートといった状況にならないようには気をつける必要があります。

退職してから空白期間が空くほど、転職活動には影響が出てしまいます。

第二新卒の転職には有利な時期があります。

もし緊急、急ぎで転職先を見つけなければならない!といった喫緊の事情が無いのであれば、転職活動に有利な時期を少し待ってみる、というのもオススメです。

第二新卒が転職しやすい時期、求人数が増える時期を狙っての転職活動がオススメ

就活
中途採用を狙っての求職者の中でも、企業からの採用ニーズが高く、転職しやすいといわれる第二新卒。

さらに転職活動をしやすい時期を狙って転職時期を考えるのであれば、以下の2つの時期を狙うのがオススメです。

・4月入社が可能な時期

・9月~10月入社が可能な時期

となります。

4月入社のタイミングで中途採用を行う企業はとても多く、4月1日入社に合わせて選考を進める企業を狙いのも手です。

この場合、転職活動にオススメの時期は、年末年始の長期休暇が終わってからの1月~3月となります。

定年退職者も出ますし、冬のボーナス支給を待って退職する人の補充、年度末での退職者の補充、異動や転勤などの補充と、人が足りない事への対処として中途採用が活発になる時期です。

他には、新卒学生の内定を辞退された場合に備えての欠員補充も多いようです。

売り手市場の今、内定辞退される企業もかなり増えていますから、人手確保のために中途採用にも影響が及んでいると言えそうです。

9月~10月入社も多いですね。
この場合の転職活動時期は、7月~9月となります。

7月~9月も、一年を通して見ると求人数が増える時期となります。

正社員求人数が増える時期は、各社とも採用意欲が高い時期です。

中には欠員補充のためにどうしても採用したい人数がある、人事部に対して必達目標として、採用人数が出ている事もあるでしょう。

第二新卒の転職活動に良い時期として、第一に求人数が増える1月~3月、そして7月~9月がオススメの時期となります。

求人数が増える時期以外の転職活動

転職の情報収集
1月~3月、7月~9月といった時期と比べると、求人数は減りはしますが中途採用のために求人募集を出している企業はたくさんあります。

転職活動は一年中スタート出来ます。

転職活動をスタートしてみたら意外にも希望の職種、仕事内容での求人が見つかるかもしれません。

転職先との出会いは運、偶然的なものもある、ともいえます。

中小企業の場合、人が足りないときに中途採用を行う、時期は特に無し。
といった場合も多いです。

ライバル企業が増える繁忙期はあえて外す、といった中途採用の仕方をする会社もあるかもしれません。

転職を思い立ったら、まずは情報収集から始める事も出来ます。

第二新卒に強い転職エージェントに登録をして、自分の市場価値を聞いてみたり、どんな転職先・企業を狙えるか情報を得てみたり、と言った事も出来ますね。

第二新卒は転職しやすい時期ですが、のんびりしていると「転職しやすい良い時期」が過ぎてしまいます。

転職したい、と思ったらまずは小さな行動でも良いのでスタートされてみる事をオススメいたします。

第二新卒は未経験職種への転職、最後のチャンス

未経験職種への転職
第二新卒として転職をお考えの方の中には、今のお仕事とは全く関係無い「未経験職種」への転職を希望されている方もいらっしゃると思います。

新卒の時、つい就職活動に疲れてしまって・・・その時貰っていた内定先に決めてしまった、本当にやりたかった仕事に挑戦したい。

といった方も少なくないでしょう。

第二新卒は未経験職種へ転職を目指す場合、最後のチャンスといってもいい年代となります。

第二新卒は実務経験ではなく、人物重視・ポテンシャル採用が多いですから、未経験職種へも十分に転職のチャンスがあります。

第二新卒枠を狙える年齢が過ぎますと、今度は経験を重視されます。
そのため未経験職種への転職は一気に難しくなるのですね。

もし、本当にやりたい仕事があって迷いに迷って転職を決めたのであれば、こちらも転職活動は早い行動がオススメです。

とはいえ、辞めない判断もあり

とはいっても全ての方が転職活動をするのが成功に繋がる訳ではありませんよね。

転職によって年収が下がる方も多いですし、さらに転職してみたら実はあまりやりたい仕事では無い事が分かった・・・

転職活動を始めてみたものの、あまりスキルが社外評価されないようで・・・いつまで経っても転職先が決まらない。

といったような可能性もあります。

場合によってはもう少し、経験を積んでからの転職が良いかもしれません。

実際、あと1年待ったらもっと良い会社を狙えるのに、といったケースも転職エージェントの方によると、良くあると言う事です。

それでもやっぱり第二新卒として転職する場合

またもし、転職活動をされるのであれば収入を確保しながらが重要です。

在職しながらの転職活動が基本ですから、勢いですぐに辞めてしまわないようにされる事をオススメいたします。
(どうしても激務で体調を崩していてもう限界、といったような場合は別です)

⇒ 第二新卒、20代の転職を成功に導く、おすすめ転職エージェントはこちらです

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓