第二新卒の転職成功ポイント
20代 転職エージェントおすすめランキング > 第二新卒転職 > 第二新卒 異業種転職の成功率が80%以上!?

第二新卒 異業種転職の成功率が80%以上!?


第二新卒 異業種転職

第二新卒は異業種転職のチャンス?成功しやすい?

第二新卒の転職先として選ばれる事が多いのが、実は異業種の企業・職種です。

せっかく転職するのだから、今よりも大手企業へ転職できるならしたい、今よりも待遇の良い(年収の高い)会社へ転職したい、キャリアアップを狙いたい、など様々な希望があると思います。

未経験の業界・職種への転職に挑戦したい

という方も少なくないでしょう。

実際、異業種転職をする人は多いです。

転職大手のマイナビによると、20代で未経験職種・業種への転職を成功させた人は81%に上るということです。

61%の人が「職種・業種ともに変えた」という結果になりました。また、「職種のみ変えた」「業種のみ変えた」という人を含めると、81%の人が未経験の分野に転職していることが分かります。なぜ、こんなにも多くの人が新たな職種・業種への転職を成功させているのでしょうか。

参考:第二新卒は大手企業や未経験の職種・業種へ転職するチャンス? 選考突破のコツは?

普通に考えれば、最初に就職した会社で身に付いたスキル、経験を活かすことが出来る転職を希望しそうなものですよね。

その方が転職に成功出来る可能性も高いでしょう。

しかし、実際には半数以上の第二新卒の方が職種・業界ともに変えて転職した、というアンケート結果となっています。

もちろんその理由として、

最初に就職した会社での経験から、前の職種は合わないと思った

元々、違う仕事に就きたかったが内定をもらえなかった。第二新卒の転職で再チャレンジした

といったような事もあるでしょう。

なぜ、第二新卒は業界・職種を変えても中途採用されやすい?

第二新卒は昔から言われていますが、転職には有利な年代です。

第二新卒に対しては企業は、即戦力はあまり期待していません。
ポテンシャル採用、今後の伸びしろ、といった事を重視して中途採用を行ってきました。

また、近年ではより人手不足が大手企業も含めて深刻化してきている状況があります。

新卒者の離職率も高く、第二新卒を中途採用することで人材不足を補う構図になってきています。

人材の採用確保、定着を目指す企業としては大変な状況ではありますが、転職を希望する立場としては、今の状況は非常に有利といえますね。

第二新卒に期待されるのは、最低限のビジネスマナーが身に付いている事、そして今後の伸びしろです。

そのため、未経験の業界・職種への転職であっても、他の年代よりも転職に成功しやすいと言えます。

新卒就職の時に、実は他の仕事や企業が第一志望だった、という方は第二新卒として希望だった仕事に就くチャンスと言えます。

もし、

本当は違う仕事がやりたかった

という第二新卒の方は、転職を決断されるのであれば異業種転職も検討をされてみてはいかがでしょうか。

そのためのサポートは、転職エージェントを利用する事で受ける事が出来ます。

第二新卒 異業種転職を目指す、転職活動の進め方

第二新卒、転職成功のポイント
異業種転職を目指す場合、第二新卒として注意したいポイントがあります。

転職理由、志望動機を明確にする

第二新卒として未経験の業界・職種に転職を希望する場合、

なぜ、異業種に転職したいと思ったのか

が応募先の企業としてもとても気になるところです。

納得できる転職理由でなければ、評価はあまり得られないでしょう。
ストーリーを組み込むなど、転職を決断したきっかけ、志望動機をアピールする方法も色々とありますが「分かりやすく、理由を明確」に伝える事に重きを置きたいですね。

何度も転職理由、志望動機をまとめて推敲する事が大切です。

ただし、自分一人ではブラッシュアップにも限界はあるでしょうし、第二新卒としてアピールすべき事が抜け落ちている可能性もあります。

そのため異業種転職を目指す場合であっても、第二新卒の転職支援に強い転職エージェントを活用して、アドバイスをもらう事はオススメです。

応募先の企業に合わせたアピールをする

異業種転職を目指す時だけに限りませんが、応募先の企業に合わせて自己アピールすることが重要です。

企業としては、応募してきた求職者の方を採用した場合、「どういった貢献をしてくれるか」が重要なのですよね。

求職者の方が持っている資格やスキルをとにかくアピールしてきても、業務内容に関係の無いものが多ければ、評価の対象にはならないでしょう。

むしろ、説明能力の無さが目立ってしまい不採用になる可能性もあります。

学生時代に取得した資格がたくさんあったとしても、前職で身に付けたスキル・経験でアピールしたいことがたくさんあったとしても、

応募先の企業にとってメリットのある資格、スキル、経験をアピールする

ということに集中する事が大切です。

私を採用してくれたら、こんなスキルで役立ちます、業績に貢献出来るよう頑張ります、といった事を面接ではしっかりとアピールしたいですね。

第二新卒という強みを活かして転職成功を

第二新卒の強み、企業から期待されている事を理解して転職活動を行う事で、転職成功の確率を高めることが出来ます。

20代後半、30代での転職では「経験、実績」が重視されるようになってきます。
企業によっては、管理職経験を求められるようにもなってきますね。

第二新卒は、

「ポテンシャル」「やる気」「伸びしろ」

を評価して中途採用をしてもらえる年代です。

経験はそこまで重視されないからこそ、異業種転職がしやすいとも言えます。

ただし、2回目、3回目と第二新卒の間に転職回数が増えるのはやはり避けた方が良いでしょう。
短期離職は、その後の転職活動に大きなリスクとなりますからね。

次の転職に成功して、しっかりと正社員としてキャリアを積む。
そうした決断も、必要といえるのではないでしょうか。

⇒ 第二新卒おすすめ転職エージェント

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓