第二新卒の転職
第二新卒・20代転職に強い転職エージェント > 第二新卒転職 > 第二新卒 狙い目の転職先(業界・企業)

第二新卒 狙い目の転職先


第二新卒の転職、狙い目の業界・企業とは?

第二新卒の転職。

多くの企業が第二新卒の中途採用に積極的になってきていますから、とても有利に転職活動を進められるケースも多いです。

せっかくですから、その状況を利用して少しでも高待遇・高年収の転職先企業を見つけたい!とお考えの方も多いと思います。

ちなみに、第二新卒の年代の場合転職によって年収アップする割合が増えているそうです。

従来は、転職によって年収ダウンする人が多いといわれてきましたし、実際そうなるケースが多かったのですが若手人材の獲得が過熱気味の現状、高年収を提示する企業も増えているということです。

もちろん転職先を決める要素は年収だけではありませんが、転職による年収アップは魅力的ではありますね。

決める要因の一つには十分なりますから、それも含めてしっかりと検討したいところではないでしょうか。

今は第二新卒の転職が有利、と言われます。

第二新卒の転職で狙い目の業界・企業はどういったところがあるでしょうか。

色々な可能性を追求できる、第二新卒の転職。狙い目の転職先は?

第二新卒として転職活動を希望される場合、今だと応募可能な企業の数が多く、かえって迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

気をつけたいのは、この状況は一度限り、と考えた方が良い事。

転職回数が2回、3回といった方も多いですが、回数が増えるに伴って実績、キャリアを要求されることになってきます。

第二新卒は実際、まだまだ経験が浅い状況です。
それでも転職しやすいというのは、今だけと考えた方が良いでしょう。

だからこそ、第二新卒の転職先選びは慎重になる必要がある、と言えます。

業績が伸びていて、経験が積めそうな企業を狙う

第二新卒で転職を希望、というと24歳、25歳くらいの方が多いでしょう。

男性も女性も、まだまだこの先長く仕事をしていく事になりますので、30代以降もキャリアを伸ばしていくために、しっかりと経験が積めそうな企業を狙いたいという方も多いのではないでしょうか。

業績が伸びている=成長する企業を見極める際のポイントとしては、

・営業収益
・売上げ/財務の健全性
・経営者のビジョン
・ビジネスモデル
・業界内の評判

といった事も参考にしたいところですね。

株価も意外と参考になる事もあります。
目利きの投資家が期待している企業は、これから伸びる産業である場合も多いですし、一般には知られていない分野でシェアトップなどの場合もあります。

もちろんですが、企業の将来性を見極めるのは難しいです。

それでも、出来るだけ企業の情報収集をして自分なりに見極める事が転職活動では大切になってきますね。

転職エージェントを活用して、条件に合った企業の求人を提案してもらい、そこからさらに自分なりに企業研究をして絞り込む、といった方法もオススメです。

ベンチャー企業への転職

経験を積める、といった事を重視されるのであればベンチャー企業への転職も有力な選択肢です。

IT関連は新しい技術も生まれやすく、最近はAI分野も注目されていますね。
企業もどんどん誕生しています。

淘汰される可能性ももちろんありますが、ベンチャー企業で忙しく働き、経験を積んだ人材は次の転職先も見つけやすい事が多い状況と言って良いでしょう。

まあ実際、転職した後、さらにまた転職する事を今から心配する人も少ないと思いますが・・・

ベンチャー企業はポテンシャル採用も多いですし、いきなり仕事をどんどんと任される事も多く、大企業での勤務と比べると成長スピードが早い場合が多いです。

経営者が面接する事も多いので、変わった経歴の人も面白がって採用になる事も多い事がベンチャー企業の特徴かも知れません。

ベンチャー企業は基本的に忙しいので、体力があり、忙しくても全然OKな方は転職先として向いているといえそうです。

第二新卒の転職先で狙い目、大手企業

一昔前には見られなかった大手企業も第二新卒の中途採用に積極的な企業が増えてきています。

大手企業といえども、内定辞退が増えているそうですし、新卒採用が厳しくなってきている状況もあるかもしれませんね。

第二新卒を中途採用し、育てるといった方向性も見えてきています。

大手企業で働く場合、高年収での転職が成功しやすいといったメリットもあります。

今のご時世、どんな企業も一生安泰という事はありません。
しかし、大手企業はやはり中小企業と比べると資本金も巨額ですし、何かあればM&Aなどで企業自体は存続する可能性が高いです。
(そのタイミングで早期退職・リストラの可能性はありますが、40代以降がメインターゲットでしょう)

大手企業で働く事で、安定感はありますよね。

誰もがしる大手企業へ転職する場合、親や、もしお嫁さんがいれば、義理のご両親も喜んでくれる可能性はとても高いです。

第二新卒の転職で狙い目、IT業界

IT業界は先ほども少し触れましたが、新たな技術を使った仕事も増えやすいため、ベンチャー企業も多い業界です。

未経験者も歓迎、という採用も昔から活発です。
異業種でも目指しやすく転職先として狙い目です。

IT人材に関しては、評価が高騰しており高年収になりやすい傾向にもあります。

将来的にはさらにIT人材が足りなくなる、と言われており手に職をつけるといった意味でも狙い目の業界、仕事といえそうです。

第二新卒の転職、チャンスが多いからこそ慎重に

就職活動
今は多くの企業が第二新卒の採用に積極的です。

転職サイトのスカウトに登録しておくと、たくさんのスカウトメールが来て・・・といった方も少なくないのではと思います。

冒頭でも書いたのですが、転職しやすいボーナス時期と考えて、転職先選びは慎重に行いたいですね。

今後のキャリアにつながるような働き方が出来る企業を選ぶ事が重要ではないかなと思います。

そのためには企業研究、情報収集をしっかりと行う事が必要です。

しかし、個人では情報収集にも限界がありますし、転職先を選ぶ際も探すのが大変です。

第二新卒の転職活動では、転職エージェントの活用がオススメです。

DODA

リクルートエージェント

JACリクルートメント

など、第二新卒の転職支援実績も多数、様々な業界・職種の求人を取り扱っている大手転職エージェントの活用が良いでしょう。

様々な転職希望者のサポートをしてきていますから、一人一人の状況に合わせてのアドバイスなどが期待出来ます。

転職先での仕事内容、期待される役割などについても転職エージェントを介して情報を得ることが出来ます。

求人情報に掲載されている以上の詳しい情報を得られるのが、転職エージェントを利用するメリットの一つですね。

第二新卒として転職を成功させたい場合の情報収集に、上記のような第二新卒の転職にも強いエージェントの活用はオススメです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓