未経験職種への転職

第二新卒 就活は厳しい?


第二新卒の就活が厳しくて、仕事がなかなか決まらない方へ

第二新卒として就活をしていて、思ったように書類選考も通らない、面接を受けても不採用が続く・・・と就活が上手く進まずに悩んでいる、という方も多いのではと思います。

売り手市場じゃなかったの!?

第二新卒って転職しやすいと思っていたのに・・・

第二新卒として就活をしていて、すぐに次の転職先が決まる方もいれば、冒頭のようになかなか決まらない方もいます。

人によって持っているスキル、経験も違いますし、面接で面接官に与える印象なども全て違いますから、人それぞれではありますね。

しかし、第二新卒として就活に成功する方、失敗する方と共通点は見えてきます。

第二新卒として就活がいつまで経っても成功しない、フリーターにならないために気をつけたいポイント、最後に第二新卒から内定獲得するために成功確率が高い就活方法をご紹介しています。

第二新卒 フリーターにならないために

フリーターになる
第二新卒として次の転職先こそ、自分にあった仕事、会社を選びたい!

と希望に燃えてモチベーションも高く、就活をしていたけれど・・・

全然、次が決まらない。マズイ・・・

意気込んで退職、でも内定がもらえずに2ヶ月、3ヶ月と過ぎ・・・生活も苦しくなってきたので、そろそろアルバイトでもしないとマズいかも。

大卒、新卒で入社した会社が合わなくて数ヶ月、1,2年で退職。

しかし次の転職先がなかなか見つからず、生活費を稼ぐために始めたアルバイト。
フリーター生活に慣れてしまってそのまま28歳、29歳とアラサーフリーターになってしまう。

第二新卒からフリーター、フリーターとして20代後半、特に30歳を越えてしまうと正社員就職することがとても難しくなってしまいます。

そうした事を避けるためには、第二新卒として次の転職先を見つける事に全力を注ぐこと、といえます。

生活のためにアルバイトをしなければならないとしても、短期間で終わらせる事が重要です。

第二新卒の就活でも、無職期間やアルバイト期間が長くなるとあまり良い印象は持たれません。

面接での質問でかなり厳しく突っ込まれる事が予想されます。

第二新卒として次の会社を探すときは、短期決戦で集中して就活を進める気持ちが重要といえます。

なぜ、第二新卒の就活が厳しくなるのか

就活のポイント
第二新卒として次の会社、仕事を探していて「厳しいな・・・」という方も多いと思います。

エンジニア職の方は、比較的早く転職先が決まる方が多いと言われますが、そうではない方はアピール部分が見つけにくい事などもあり、就活が厳しい方が多いと言えます。

第二新卒は短期間で仕事を辞めたという評価がまず来る

第二新卒として就活を行う場合、退職した時期にもよりますがどうしても、

会社を短期間で辞めた

というマイナス評価があります。

特に1年未満で退職した第二新卒は、採用したとしてもまたすぐに辞めるのでは?と見られる事が多いです。

大体、経験として3年はその会社で働いた方が良いと考える採用担当者は多いでから、2年以上3年近く働いた第二新卒の方はそうしたマイナス評価はほぼ無い場合も多いです。

問題は実際に短期間で退職した第二新卒の方です。

面接では必ず、

なぜ前職を辞めたのですか?

という質問がされるはずです。

面接官を納得させられて、次は長く働く人材である事をアピールしなければなりません。

第二新卒で転職2回目、といった方も中にはいらっしゃるでしょう。

転職回数が増えれば増えるほど、より書類選考や面接が厳しくなります。
しっかりとした準備が必要です。

第二新卒は前職のアピールポイントが見つけにくい

正直な所、第二新卒の場合にはまだまだ仕事の経験が足りません。
リーダーや責任者として仕事を経験した方も少ないと思います。

見習い期間の間に退職してしまった。
そのため、アピール出来る事が全く無くて・・・

と履歴書や職務経歴書の書き方で悩んでいる第二新卒の方も少なく無いでしょう。

考え方を切り替える事も必要です。

書けるモノが無いものは無い!
と開き直るのではありませんが、第二新卒はこれからの人材である、というポテンシャル採用が多い事実に目を向けて就活を進めていきましょう。

決して見栄を張って面接で受け答えしない事。
分からない事は分からない、調べます、といった応えの方が良い印象を与えるものです。

知ったかぶりをして、ズレた答えをしてしまうとそこで不採用が決まるケースもありますからね。

クライアントにもウソをつく可能性がある人材、という評価をされてしまうかもしれません。

第二新卒の就活では、素直さ、仕事へ真面目に取り組む姿勢、長く働く人材である事、などをアピールする事が必要です。

志望動機もとても重要ですね。

第二新卒の就活を成功させるには、専門家のアドバイスの活用がオススメ

人材紹介会社コンサルタント
第二新卒の就活、転職活動を有利に進めるには、専門家のアドバイスの活用もオススメです。

例えば、

ハタラクティブ

DYM就職

就職Shop

第二新卒AGENTneo

といったところなどは第二新卒の支援を専門としており、非常に多くの第二新卒、フリーターの就職支援に実績があります。

新卒の頃とは違い、中途採用を狙っての就活となります。

準備の仕方も違いますし、会社から求められるものも新卒とは違う事をまず理解する事も重要ですね。

求人に関しても、第二新卒を歓迎、積極的に中途採用を考えている企業を見つける事が必要です。

上記でご紹介したような第二新卒・フリーター向け就職支援サービスには、そうした第二新卒歓迎の求人が集まっています。

情報収集にもとても便利といえますね。

通常の求人サイトを利用しても第二新卒OK、未経験OKの正社員求人などは見つけられますが時間がかかりますし、実は応募者集めのために書いているだけ・・・といったケースもあったりします。

本当に第二新卒OK、未経験OKの正社員求人が集まっている、こうした就職支援サービスの活用は便利といえます。

第二新卒の就活には、就職支援実績が多いハタラクティブやDYM就職など就職支援サービスの活用がオススメです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓