第二新卒の転職支援

第二新卒歓迎の正社員求人


第二新卒歓迎の正社員求人について

第二新卒歓迎の正社員求人に関する情報です。

第二新卒の定義は以下ですね。

【学校を卒業した後、1~3年で転職を考える若年層】

年齢は「25歳前後」と言われていますので、卒業が遅れて20代後半や、大学院を出て30代に差し掛かっている方は、第二新卒に含まれないと思われます(含まれるという見解もあります)
第二新卒の転職支援
また「新卒で就職した会社を退職しているかどうか?」は問わないようです。

会社で働きながら転職活動を行っても第二新卒ですし、退職して次の仕事を探しても第二新卒ですね。

要するに、卒業後に就職した後、様々な理由から「別な職場で働きたい」と考えている若年層が第二新卒と言えるでしょう。

第二新卒の採用ニーズってどう?

では、第二新卒を歓迎する正社員求人は多いのでしょうか?

結論からお伝えすると、第二新卒の採用ニーズは高くなっていますね。

6割強の企業が採用に積極的というデータも見られますし、

・新卒より即戦力を期待できる
・最低限のビジネスマナーを身に付けている
・柔軟性に優れている
・企業文化、企業風土になじみやすい

という理由から、第二新卒を重視する会社が多いです。

新入社員には教育コストが掛かりますが、第二新卒はすでに電話応対、来客対応、名刺交換を理解していますし、敬語の使い方や企業内外のコミュニケーションにも慣れているでしょう。

そのような基本スキルを身に付けているため、「早期に仕事を覚えてもらえる」という期待が第二新卒にはあるんですよね。

その結果、新卒よりも高い評価を下している企業が多いのです。

第二新卒に強い人材紹介サービスを利用する

新卒で働いた会社を短期間(6ヵ月以下)で退職していれば、同じ第二新卒でも就職に時間が掛かるかもしれませんが、1~3年(特に2年以上)働いていれば、転職しやすいと思われます。

その場合、第二新卒の求人が豊富な人材紹介サービスを利用してください。

今は様々な人材紹介会社がありますが、第二新卒に強いサービスを利用すれば、スムーズに転職・就職が決まりやすくなりますよ。

たしかに新卒よりも評価が高いケースはありますが、同じ会社で5年以上働く社会人と比べると…忍耐力を疑問視するかもしれません。

「なぜ新卒で就職した会社を辞めるのですか?」

「辞めた理由はなんですか?」

という質問を面接で聞かれる可能性は高いでしょう。

そのような面接対策と共に、履歴書・職務経歴書の作成、特に『志望動機の作成』が大切なのが第二新卒なんですよね。

自分ひとりでは説得力ある志望動機を練れなくても、人材紹介会社を利用することで、専任の担当者からサポートを受けられますよ。
(もちろん面接対策のアドバイスも得られます)

第二新卒のサポート実績が高い人材紹介なら、あなたの現状を冷静に分析してくれますし、その中で、

「何を、どのようにアピールすれば良いか?」

「どのように志望動機をまとめれば良いか?」

を的確にアドバイスしてもらえることでしょう。

説得力ある履歴書を作成しましょう

自分ひとりの仕事探しも可能ですが、戦略なしで履歴書を作成しても、不採用が続くと思われます。

履歴書はあなたが思っている以上に、様々な要素が反映されますからね。

適当に作った履歴書は適当な印象を与えますし、本気で作った履歴書はやはり、本気の印象を与えるものです。

しかし本気の履歴書でも、客観的な視点を持たなければ、企業の人事担当者の心は動かせません。

「この志願者に会ってみたい。面接してみたい」

そう思わせるためには、客観的かつ論理的、そして説得力ある履歴書を作る必要があるんですよね。

そのサポートを行ってもらえるのが人材紹介会社です。

履歴書の添削、面接対策以外にも、実際に正社員求人を紹介してもらえますし、無料で利用できるのが嬉しいですね。

理想の職場に出合うためにも、真剣に転職活動を行ってみて下さい。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓