第二新卒の転職成功のポイント
20代 転職エージェントおすすめランキング > 第二新卒転職 > 第二新卒の転職は難しい?転職出来ない方へ

第二新卒の転職は難しい?転職出来ない方へ


第二新卒の転職は難しい?

第二新卒の転職は難しい、でも転職に成功する人も多いです

第二新卒の転職は、既卒者やフリーターといった方の就職活動と比較をすると、内定は得やすいです。

もちろん、新卒1年目での転職となると第二新卒でありながらも難しいといえます。

職歴と言えるほど、業務経験も積んでいないからですね。
また、一つの職場で1年未満でての転職希望となると、忍耐力が無い人材とみられても仕方がありません。

転職理由がとても重要となります。

とはいえ、新卒入社1年目の第二新卒の方であっても転職は可能です。
新卒入社して1年未満で転職をするリスク、デメリットを考慮の上で転職をしたい、と決断されるのであれば、全力で希望の転職が成功するように転職活動をされることをオススメします。

入社2年目、3年目の第二新卒の方であれば、転職理由、志望動機がしっかりしていれば十分に転職成功の確率が高いといえます。

過去と比較して、人手不足が深刻と言われる現状、第二新卒の採用ニーズは非常に高くなっています。

しかし、採用ニーズが高い状況とはいえしっかりと準備をしなければ第二新卒の転職は成功しません。

第二新卒の転職、期限を決めて集中して行う事も大切

転職活動の期間が長くなると、モチベーションの維持がやはり難しくなります。

また、転職・退職が頭にずっとあるでしょうから、今の仕事がおろそかになる可能性ありますよね。
辞めるのが前提にありますから、今から新たなプロジェクトに参加するのは気持ち的に避けたい、というのはあるでしょう。

新たな業務が発生すると、容易に退職時に大変さが増えるのが予想されます。
引き継ぎなどが大変ですよね・・・

第二新卒の転職は、在職しながらが基本と言えますから期間を決めて、集中して行う事を考えてみてください。

3ヶ月、4ヶ月は集中して本業でもなんとか時間を空けて、転職活動を行う。
その期間で良い転職先が決まらなければ、求人情報だけ得るようにして、転職活動のペースを落とすなど調整は必要ではないでしょうか。

1年ずっと、第二新卒として転職活動を積極的にこなしながら、本業もこなすのはメンタル的にキツイといえるでしょう。

期間を決めて、集中して転職活動を行う期間を作る。
少しペースダウンして情報収集だけする期間、自己分析を改めて行ってみたり、本当にやりたい仕事が他にあるのか検討してみたり、といった事もしてみるとミスマッチの少ない転職活動になるのではないでしょうか。

第二新卒として、転職しやすい時期は3年ほどあります。
その間に、焦ってミスマッチの転職をしてしまう可能性もリスクと言えます。

第二新卒は比較的、転職しやすい年代ですからかえって転職が難しいともいえますよね。

得られた内定に安易に入社を約束しないことも、人によっては必要かも知れません。

第二新卒での転職が難しい理由

第二新卒、転職活動のポイント
第二新卒として転職活動を行う場合、転職先がなかなか決まらない人には共通点が見られます。

第二新卒として職歴が浅い

第二新卒といっても、1年未満、1年目、2年目、3年目と歴が人それぞれ違います。
入社3ヶ月で転職活動、という方もいますからね。

第二新卒として転職を希望して、苦労しやすいのはやはりそのなかでも経験が浅い1年目、2年目くらいまでの方です。

実績も少ないため即戦力としてのアピールが難しく、いかにポテンシャル採用で考えてもらえかがポイントとなってきます。

人物重視、ポテンシャル採用の企業からの求人を上手く見つけ、それらを中心として応募をしていく事が内定獲得のカギといえるでしょう。

転職理由、志望動機が弱い

転職するには理由がやはり必要です。

なんとなく仕事が面白くなかったので

といった転職理由ではなく、

○○のキャリアを積みたいと考え、今の会社ではそれが難しいため転職を決断した

異業種転職を希望される方もいますよね。

なぜ、転職をしようと思ったのか、という正当な理由をしっかりとアピールすることが必要です。
同時に、なぜ貴社でなければならないかといった志望動機も伝える事が必要となります。

第二新卒を採用する企業にとって、心配な事があります。

それは、

採用した後、すぐに辞めてしまわないかどうか

といった事です。

転職理由がもっともらしくても、すぐに転職を考えている人材である事は間違いありません。
もし、うちの会社で採用したとして長くしっかりと働いてくれるかどうか。

こうしたことを面接官は気にしています。

転職理由、志望動機ともにしっかりと伝えアピールする中で、だから長く貴社で働いて経験を積みたい、キャリアを発展させていきたいという「長く働ける、辞めない」事をアピールしていく事も重要といえます。

第二新卒が転職で内定獲得するためのポイント

第二新卒が転職に成功するためのポイントとして、次のような事が挙げられます。

第二新卒向け求人が多い時期を狙う

求人は一年中、今は求人サイトは転職エージェント、ハローワークなどを通じて見つける事が出来ます。

しかし第二新卒を歓迎している企業が常にあるかというと、そうした事はありません。

常に募集がある企業はかえって怪しいですよね。
人が定着しない職場である可能性が高いといえます。

第二新卒向けの転職時期としては、

・4月入社
・10月入社

がオススメの時期として挙げられます。

冬のボーナス支給後~年度末で退職する人も多いため、1月~3月は一年で最も求人が多い時期となります。

内定獲得後、4月入社でも調整しやすいでしょうから、在職中の方も退職手続きが進めやすいのではないでしょうか。

退職も年度末で調整できると、今の職場の上司としても受け入れやすいのではないでしょうか。

10月入社も今は比較的多い時期と言えますね。

外資系企業では特に区切りの良い時期として、10月入社で進める事も多いです。

ゴールデンウィークあけに退職した人材などもいますし、新卒入社した新入社員で退職者が増えるのもこの時期と言われます。

欠員募集を行うために7月~9月頃に中途採用を行う企業が増えますので、第二新卒としても転職しやすい時期と言えます。

1月~3月の次に、転職にオススメ、狙い目の時期と言えます。

第二新卒 大手企業や優良企業へ転職するには

第二新卒として転職先の希望が大手企業であった場合。

自分ひとりでの転職活動では、難しいといえます。

得られる情報も少ないですし、大手企業の場合には転職エージェントを通してでなければ応募できない「非公開求人」となっていることも多いためです。

転職エージェント経由でしか採用を行っていない場合もあります。

大手企業が中途採用を行う場合、採用したい人材像、スキル、経験などが明確になっている事が多いです。

そのため、求職者が大手企業が採用したい人材であるかどうか、転職エージェントが判断をして求人を紹介するという流れがあります。

紹介する以上は、転職エージェントも採用されて欲しいですから、様々なバックアップをしてくれます。

履歴書や職務経歴書の添削、面接の日程調整、応募企業の情報、企業ごとの面接対策、入社日の調整など、一人で転職活動をするよりも効率良く転職活動を進めていく事ができます。

求職者本人に変わって、待遇交渉なども行ってくれます。

在職しながら転職活動を行う忙しい第二新卒の方にとっては、転職エージェントのこうしたサポートの数々はとても助かるといえますね。

⇒ 第二新卒おすすめ転職エージェント

では、第二新卒の転職支援に実績が多い、オススメの転職エージェントをご紹介しています。

こうした転職エージェントを活用することで、非公開求人、個人ではなかなか知る事が出来ない企業の詳細な情報、面接対策などのサポートを受けながら、有利に転職活動を進めていくことが出来ます。

第二新卒として、転職成功の可能性を上げる方法とst言え、こうした転職エージェントの活用はオススメです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓