事務職へ転職
20代 転職エージェントおすすめランキング > 第二新卒転職 > 第二新卒で事務職へ転職するには

第二新卒で事務職へ転職するには


第二新卒 事務職へ転職

第二新卒で事務職へ転職するには

女性に人気の職種の一つとして、事務職があります。

未経験から就職を希望する女性も多いですし、経験豊富なスキルの高い女性も転職や復職の際に事務職を希望する事も多いです。

幅広い年齢層から人気の高いのが事務職といえますが、第二新卒として事務職へ転職する事は可能なのでしょうか。

結論から言うと、第二新卒として事務職へ転職する事は可能です。
狭き門ではありますが、タイミングが合えば転職を狙えます。

ブラック企業での仕事に限界を感じ退職。
繁忙期以外は定時で帰れるような事務職を探したいという女性もいるのではないでしょうか。

実際、事務職といってもピンキリの働き方にはなりますけれど、そうした定時帰りがデフォルトの会社も多いですから、ぜひ事務求人をお探しになってみてください。

しかし、事務職はご存じの通り倍率が高くなる事が多いですね。
人気の事務職へ第二新卒がどう転職を成功させるか。

どのように事務職の求人を見つけ転職を目指すかご紹介をしています。

未経験でも事務職へ転職成功するためのコツ

倍率の高い事務職へ転職を成功させるためにも、しっかりと準備を行いたいですね。

企業を選び過ぎない

第二新卒として、異業種転職で事務職へ転職を目指す方も多いと思いますが、その場合には特に企業の規模で応募先を選び過ぎない事が重要ですね。

まずは事務職として経験が積めるように、採用される事を目指すべきです。

大企業にこだわればこだわるほど、スキルが高い応募者も集まってきますから内定をもらえる可能性が低くなってしまいます。

書類選考も通らない事が多いかもしれません。
中小企業の事務求人もしっかり探しながら、大企業も応募といった形であれば良いかもしれませんね。

事務職に有利、アピール出来る資格を取得する

後ほど詳しく掲載していますが、

・MOS(マイクロソフト オフィススペシャリスト)
・簿記(日商簿記検定)
・秘書技能検定

など事務職の仕事に有利とされる資格取得も有効です。

また目指す業界によっては取得する事で確実にアピール出来る資格か(必須に近い資格)もあります。
必要に応じて取得をされると、転職が有利に進みやすくなりますね。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを利用する事によって、経験豊富なコンサルタントからアドバイスをもらう事が出来ます。

求人サイトと併用して転職活動を行うにしても、数多くの求職者の転職支援をしてきた経験からのアドバイスは参考になる事が多いでしょう。

履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策なども役立ちます。
ぜひ、活用をオススメいたします。

⇒ 第二新卒 事務職への転職、オススメ求人サイト・転職エージェント

未経験OKが多い事務職

一般事務

一般事務の仕事に転職成功
未経験OKの事務職求人として、見つける事が出来ることができるのが一般事務のお仕事です。

多くの企業で事務職が採用されていますが、企業によっては事務職の割合が少なく募集が無いこともあります。

民間企業はもとより、官公庁や団体職員としても一般事務が募集される事もあるため、求人情報にはしっかりアンテナを立てていたいものです。

・データ集計、ファイリング
・郵便物の仕分け
・資料作成
・来客対応
・電話対応

など勤務先の業務内容によっては、受発注・在庫管理、伝票処理なども含まれるかも知れません。

この後の営業事務と比べると、専門的な業務内容は少ないといえます。

会社内で様々な人と関わる事が多い職種のため、コミュニケーション能力がある方が向いているといえます。

先回りして業務を行えるようになると、社内でさらに存在感を発揮できますね。

一般事務、営業事務の仕事も同様ですが、業務でパソコンを扱う事が多くなります。
資料作成も当たり前に依頼されるでしょうから、Word、Excel、PowerPointも使えると就職の際にアピール出来るでしょう。

営業事務

営業事務の仕事に転職
未経験OKの事務職求人として、営業事務の仕事も多いですね。

営業事務の仕事は「営業担当者のサポート」となります。
一般事務と業務内容が共通する部分もありますが、営業職の仕事が円滑に進むようにサポートを行う事がメインとなります。

・商品の受発注・管理
・在庫・納期管理
・請求書作成
・資料作成
・顧客向けプレゼンテーション資料の作成手伝い
・電話応対

など、勤務先によって営業事務の仕事の業務範囲も変わりますが、様々な仕事内容となります。

一般事務よりも専門的な仕事が多くなりますね。
顧客からの電話対応も営業事務の仕事としてある場合、営業が扱う商品についての知識も当然知っていることが必要ですから、積極的に学ぶ姿勢が必要となります。

コミュニケーション能力も必要となりますね。

営業担当者としっかりコミュニケーションを取り、確認が必要な部分はしっかり確認を取る事も大切ですね。

認識違いによって資料内容が異なったり、数字が変わってしまうと修正が大変です。

営業事務は営業担当者のサポート役です。

チームでの仕事として、向いている方にとってはとてもやり甲斐のあるお仕事と言えます。

事務未経験でもOKの求人もありますので、ぜひ積極的にお探しになってみてはいかがでしょうか。

未経験から事務職へ転職したい場合の準備

第二新卒として事務職への転職を目指す際、しっかりと準備をすることが大切です。

人気の職種ですから、多数の応募者の中から書類選考をパスして、面接に辿りつけるようにまずはアピールできる事を増やす事も重要です。

事務職への就職で役立つ資格を取得する

事務職へ就職・転職を目指す際にアピールできる資格をご紹介します。

・MOS(マイクロソフト オフィススペシャリスト)
・簿記(日商簿記検定)
・秘書技能検定

不動産の事務員を目指す場合には、宅地建物取引士の取得もかなりアピールとなります。

医療事務を目指すのであれば、医療事務の資格取得はとても重要です。
多くの方が取得してから応募、といった流れができていますのでスクールなどで学び資格取得を目指す方法が良いでしょう。

また、一般事務でもTOEICを活かせる求人もあります。

目指す業界の事務職によって、アピールできる資格、取得が必須といえるような資格もあります。

資格を取得することで就職は有利になりますが、取得までに時間を費用がかかりますよね。
しっかり自分の就職活動に資格取得が必要かどうか、考えることが重要といえます。

事務職への転職の方法

第二新卒、未経験から事務職へ転職を目指す場合、方法としては、

・求人サイト
・転職エージェント
・ハローワーク

などを主な転職活動の方法として挙げる事が出来ます。

上記の中でハローワークに関しては、求人を見つけたとしても企業の情報があまり入手できませんし、在職中には利用が難しいので選択される方は少ないと思います。

情報収集には、求人サイト、転職エージェント、どちらも利用される方法がオススメです。

繰り返しとなりますが、事務職はとても人気が高い求人となりますので、求人情報は出来る限り多く得られることをオススメします。

求人サイト、転職エージェント、それぞれに利用するメリットがあります。

求人サイトは情報量が多く、すぐに給与や年間休日数、応募条件などを確認する事が出来ます。
良いと思える事務求人があれば、応募も可能です。

転職エージェントは担当コンサルタントからアドバイスをもらいながら、転職活動を進めていく事が出来ます。

応募する企業の詳しい情報もコンサルタントが持っていますから、企業ごとに応募書類を作成し、面接対策をする事も可能です。

内定率は、自力での転職活動よりも高いといえるでしょう。

転職エージェントを利用して得た、転職のコツなどを独自応募の企業へ当てはめても良いですね。

第二新卒 事務職への転職、オススメ求人サイト・転職エージェント

転職エージェント
第二新卒向けの求人を多く掲載する求人サイトとして、

⇒ リクナビNEXT

第二新卒としてキャリアが浅い(1年目、2年目など)と感じている方、早期離職の第二新卒として転職活動を行う方は、

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

といった転職エージェントが強みを持っていると言えます。

3年程度経験を積んだ第二新卒の方は、

⇒ リクルートエージェント

⇒ DODA

など総合型の転職エージェントを利用しても紹介可能な求人が見つかる可能性が高くなります。

こうした複数の転職サイトなどを活用される事で、独自求人の紹介チャンスなどもあるでしょう。

転職のチャンスが増える事になりますので、ぜひ活用してみてください。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓