転職活動
第二新卒・20代転職に強い転職エージェント > 第二新卒転職 > 増える第二新卒 中途採用のニーズ!転職のチャンスは今

第二新卒 中途採用


増える第二新卒求人、転職のチャンス

各業界において現在、人手不足といわれています。

例として、厚生労働省に掲載されている一般職業紹介状況の有効求人倍率を見てみると、

一般職業紹介状況(平成29年6月分)について
【ポイント】
○平成29年6月の有効求人倍率は1.51倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇。
○平成29年6月の新規求人倍率は2.25倍で、前月に比べて0.06ポイント低下。
○正社員有効求人倍率(季節調整値)は、平成16年11月の集計開始以来初めて、1倍を上回りました。

比較するために、5年前、平成24年6月の情報を見てみると、

一般職業紹介状況(平成24年6月分)について
【ポイント】
○平成24年6月の有効求人倍率は0.82倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。
○平成24年6月の新規求人倍率は1.32倍で、前月に比べて0.03ポイント低下。

(関連サイト:厚生労働省

と、有効求人倍率に関しては約2倍近くポイントが上昇しています。

多くの業種・業界で人材不足感は非常に強く、多くの人材紹介会社(転職エージェント)へ、正社員求人が寄せられているということですが、売り手市場ということもあってなかなか計画した通りに採用が出来ていない企業も多いようです。

中途採用にあたっては、企業側が求めるスキル・経験などもありますしね。
書類選考をして、面接を突破してといったところまではやはり絞られてきてしまいます。

そうした中で採用に力を入れている企業が多いのが、第二新卒です。

第二新卒は「社会人経験3年未満」で転職を希望される方の事を一般的には言いますね。
年齢としては大体25歳くらいまで、となります。
(企業によっては29歳までと20代であればOKなところもあります)

一定の経験を有した若手社員として注目される第二新卒。
積極的に中途採用する企業は実際、転職サイトで第二新卒求人を調べて見ると過去よりも求人数が増えているので、非常に強い傾向として見て取る事が出来ます。

転職をお考えの方は、この波に乗らない手は無い、といって良いのではないでしょうか。

この波(求人ニーズが高い状況)は2020年の東京オリンピック頃まで、と言われています。

もちろん全てのケースで転職した方が良い、とは言いません。

しかし、もし今、本気で転職をお考えの20代の方、第二新卒の方はぜひ転職しやすい状況はずっと続くわけではありませんから、積極的に転職をお考えになると良いかと思います。

第二新卒の採用ニーズが高いIT業界、職種では営業職も

エンジニアとして転職
人手不足は様々な業界・職種で起きていますが、IT業界では第二新卒の採用ニーズが高いそうです。

人手不足解消のために人材紹介会社の中でも未経験からエンジニアを目指せる、といった事を打ち出しているところも増えていますね。

プログラミングスクールなども多くなってきています。

手に職を付ける、といった意味でもIT業界、今だとスマホゲーム、オンラインゲームなども身近になっていますし、アプリ開発をしたくて転職を希望される方も多いのでは、と思います。

未経験からIT業界を目指されるのであれば、

ワークポート(WORKPORT)

ギークリー(GEEKLY)

などがオススメです。

また全般的に営業職の需要も高いですね。

営業職と言ってもノルマの無い企業もあります。
コンサルティング色の強い営業職などもあります。

営業は企業の根幹。
営業を経験しておくことで、将来のキャリアの選択肢をさらに広げる事も出来るでしょう。
高年収を期待して転職する、といった事でお考えの方もいらっしゃるかもしれませんね。

第二新卒への求人ニーズが高い現状を活かして、希望の転職をぜひ成功させてください。

第二新卒転職にオススメ転職エージェント

転職エージェントの活用
第二新卒の転職にオススメの転職エージェントとして、様々な業界・業種で総合的に求人を取り扱っている知名度の高い転職エージェントを基本的にオススメをしています。

20代 オススメ転職サイト

でもご紹介をしていますが、

DODA
リクルートエージェント

そして

JACリクルートメント
・マイナビエージェント

などもそうですが、多くの企業からの求人を取り扱っている分だけ、事例も溜まっていますし企業とのパイプも多く情報源として期待出来ます。

第二新卒として転職をされる場合には、初めての転職活動となる方も多いと思います。

転職が決まったとしても、退職はどうするの?
上司に退職の意思を伝えるタイミングは?など、疑問もたくさんあると思います。

そうした事についてもアドバイスを受けながら、転職活動を進められる事をオススメいたします。

第二新卒の転職で注意!1年以内に退職する場合

転職先が決まりやすい、といわれる第二新卒の転職ですがもちろん注意点があります。

最もたるものが、入社後どれくらいの期間働いてきたか、ということです。

2年以上、3年など在職して仕事をしてきた方は特に選考で問題になることは少ないのですが、1年以内の退職・転職については不安に感じる企業は少なくありません。

面接でもかなり突っ込んだ質問がされることが予想されます。

仕方無い、と思われる退職理由があれば別ですが、そうでは無い場合にはしっかりとした転職理由・志望動機が必要となってきますね。

そうした基準的な事も、転職エージェントを利用しての転職活動ではアドバイスとしてもらう事が出来ます。

第二新卒の転職では、こうした事も色々と相談しながら進めていくと、転職成功の確率が上がるといえるでしょう。

第二新卒転職にオススメ転職エージェント

を活用して、転職活動を進められてみてはと思います。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓