入社1年目、辞めたいと悩む
20代 転職エージェントおすすめランキング > 仕事辞めたい! > 入社2年目で転職するメリット・デメリット

入社2年目で転職するメリット・デメリット


入社2年目 転職

入社2年目、辞めたいと思う時期

会社辞めたい・・・

新卒入社2年目で今の会社、仕事を辞めて転職をお考えになっている方も多いでしょう。

2年目は会社を辞めたい、と考える人が多い時期です。

薄々、新卒入社1年目から「実はこの仕事合わないかも・・・」と思いつつ、仕事を頑張ってきた人がやっぱり辞めたい、と決断する事も多いですよね。

1年、仕事を経験してきてやっぱり辞めよう、と決断した場合。

新卒入社2年目。
第二新卒として転職活動をする事で、転職先を見つける事は十分可能です。

しかし、転職活動をする前にしっかり準備をする事がとても大切です。
最初の転職に失敗すると、次々に転職を繰り返す「ジョブホッパー」になってしまう可能性もあります。

そうなると、最後は正社員として転職するのが難しくなってしまいます。

30代でアルバイト、契約社員、派遣社員など非正規雇用だとかなり将来が厳しいです。

そうした状況にならないためにも。

まずは入社2年目で転職するメリット・デメリットを抑えておく事も大切です。

入社2年目で転職するメリット・デメリット

新卒入社2年目での転職は、新卒入社1年目の転職と比べると、転職活動はしやすいと言えます。

とはいえ、3年目と比べると経験不足と判断される事も多いですから、転職には慎重になる事が必要です。

2年目で転職するメリット

新卒入社2年目で転職するメリットとしては、次のような事が挙げられます。

・第二新卒として求人へ応募出来る
・今後の伸びしろを期待して、中途採用してもらいやすい
・意外と第二新卒求人が多い
・若いので、未経験の業界・職種に転職しやすい

といった事などが挙げられます。

第二新卒として、最低限のビジネスマナーが身に付いており、今後の伸びしろも期待出来る若手人材として、人物重視で採用してもらえる事が多いのは転職のメリットです。

実際、新卒入社2年目で転職活動をしてすぐに、転職先が決まる方も少なくありません。
中途採用がすぐ決まる方の場合、やはり「次にやりたい仕事、転職先への希望条件」が明確になっている事が多いです。

その分、志望動機もハッキリしますので、アピールにつながっていると言えます。

1年しっかりと正社員として働いている事で、社会人としての基礎的なマナーが身に付いていると判断してもらえる事も、評価につながっているといえるでしょう。

2年目で転職するデメリット

新卒2年目で転職するデメリットとしては、次のような事が挙げられます。

・社会人2年目は、まだまだ経験不足と判断されることがある
・また「すぐに辞めるのでは」と思われる可能性がある
・人間関係がまた一からやり直し
・同期がいなくなる
・実はもう少し経験を積んだ方が、好条件で転職出来る可能性がある

と言った事などが挙げられます。

第二新卒 転職活動は在職しながらが基本

第二新卒の転職
2年目での転職は、メリットもありますが、デメリットもあります。

思うように転職活動が進まず、希望するような会社から内定がもらえない可能性も考えられます。

どうしても今の会社を辞めたい!もう仕事を続けるのは無理、という理由があるのでしたら別ですが、基本的には転職活動は今の会社で仕事を続けながら、在職しながら行う事が基本です。

転職活動の結果、どういった将来になるか確実には分かりません。

すぐに内定が出るかもしれませんし、転職先が決まるまで半年以上の期間がかかる可能性もあります。

退職してからの転職活動は、確かに時間をたっぷり使えますので転職活動に集中することは出来ます。

しかし、1日中転職活動をする訳ではありませんし、何より収入が途中から途絶えます

ひとり暮らしをしている場合には、固定費が必ず出費としてかかりますよね。

給料は無くても、食費・高熱費・家賃などでお金が減っていってしまいます。
さらには転職活動のために交通費、証明写真なども資金も必要です。

想像以上に貯金が無くなるのが早く、

「どこでも良いから働かないとダメだ」

といった状況に追い込まれる可能性もあります。

また、手っ取り早く生活費を稼ぐためにアルバイトをする、と言った事になればフリーターになってしまいます。

退職後、フリーターとして転職活動を行う場合、それはそれで面接などで突っ込まれる質問が増えて苦戦する事になります。

お金が無くなる、といった事は想像以上にストレスですし、

「希望の転職にこだわっている余裕がなくなります」

結果としてブラック企業でも良いから、とにかく働いて収入を得なくては、といった思考になりがちです。

入社2年目ですから、そんなに貯金も貯まっていないと思います。
金銭面で悩むのは絶対に避けた方が良いです。

そうした結果を避けるためにも、転職活動は在職しながらをオススメします。

入社2年目、辞めると決めたら「やるべき転職の準備」

入社2年目、転職する事を決断したら転職のための準備を始めます。

その際に重要な準備は次のようなものがあります。

・転職理由の明確化
・自己分析
・求人探し、企業研究

入社して2年目ですから、新卒の時の就職活動の事を覚えている方も多いと思います。

しかし、改めて自己分析を行う事でまた違った自己アピールになるはずです。
一緒だと、成長していない事になってしまいます。

1年、社会人経験もしているはずですしね。

自己分析をしっかりと行う事で、志望動機も説得力のあるアピールできるものとなります。

今は3年は仕事を頑張らないと評価されない、転職が出来ない、といった時代ではありません。

新卒入社2年目、第二新卒として転職先を見つける事は十分可能です。

だからこそ、転職先を選ぶ事はとても慎重にならないといけないですね。

「やっぱり転職しなければ良かった」

前の会社を辞めたいと思った、同じ転職理由でまた辞めたい、と考えてしまう事は絶対に避けたいですね。

やはり転職をステップアップ、キャリアアップに繋げていきたいです。

そのためには、しっかりとした準備が大切です。

企業の詳細な情報に関しては、個人で情報収集をするよりも転職エージェントを利用する方法がオススメです。

第二新卒の転職支援を行う転職エージェントは多く、実績も豊富です。

企業の実状、職場の詳しい情報を個人で知るには限界がありますから、こうした転職エージェントを有効に活用して、転職活動を有利に進めてみてはと思います。

⇒ 第二新卒、20代の転職を成功に導く、おすすめ転職エージェント

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓