*

20代 おすすめ転職エージェント ランキング

20代の転職にオススメ、転職エージェントをご紹介しています。

01位

リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職成功実績No.1の転職エージェントです。

業界トップクラスの求人数(約90%が非公開求人)。
約10万件の非公開求人を持ち、幅広い業界・職種に対応。

豊富な経験を持つエージェントから、的確なサポートを受ける事が出来ます。
年収など待遇の交渉にも強い事も特徴です。

第二新卒の転職にも強く、転職支援実績も豊富です。

転職エージェントを利用する際、複数に登録・利用される方も多いですがリクルートエージェントをまず選ぶ、という方も多いですね。

全国対応、転職支援実績No.1、第二新卒の転職にもオススメの転職エージェントです。
02位

DODA

大手転職エージェント、業界最大級の求人数を持つDODAも転職支援実績が多数。
業界最大級の求人数(非公開求人含む)から、希望の業界・職種の求人が見つかる可能性が高いです。

DODA限定の求人も多く、大手企業・優良企業などからの好条件求人も多数。
第二新卒を歓迎する企業からの求人も優先して探してもらう事が出来ます。

応募する企業ごとの面接対策や職務経歴書の実践的なアドバイスなど、転職活動が初めての第二新卒の方にもオススメの転職エージェントです。
03位

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20代に特化した転職エージェント
マイナビ唯一の20代専門の転職支援サービスです。

第二新卒を含め20代の転職に特化している分、職種・業種未経験OK求人も豊富に取り揃えている事が特徴です。

20代の転職をサポートし続けてきたキャリアアドバイザーが多数。
若手特有の転職市場について熟知しているため、不安や悩みも解消しながら転職成功に向けて転職活動を進めていく事が出来ます。

マイナビジョブ20'sをオススメするのは、24~29歳の方。
転職希望エリアが東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀の方です。

第二新卒、20代の転職を成功に導く、おすすめ転職エージェント

第二新卒、20代を積極的に採用する企業からの正社員求人が豊富、転職支援に強いおすすめ転職エージェント。

転職活動を有利に進める方法として、転職エージェントを活用する方は多いです。

リクルートエージェント

DODA

JACリクルートメント

などは20代の転職支援にも多くの実績があり、利用者も非常に多いのでオススメをしています。

自分で求人を探して直接応募するタイプの求人サイトもありますが、転職エージェントは非公開求人をほ豊富に持ち、担当コンサルタント(コーディネーターなど名称は様々)と仕事探しに関して相談しながら進める事が出来る、という事も利用の大きなメリットです。

転職活動って、迷うことも多いと思います。

それに在職しながら転職活動を進める方が多いと思いますが、同僚や仲の良い先輩・後輩に、

実は今、転職活動しててさ・・・

なんて公言できないですよね。

リクルートエージェントやDODA、マイナビエージェントなど、転職支援を行ってくれるこうした転職エージェントを活用する事で、「相談出来る相手」が出来ます。

これは場合によってはとても大きなメリットになるんですね。

基本的に、転職活動は孤独です。
それに、必ずしも1社目の応募で内定がもらえるわけではありません

一般的に転職活動のスケジュールは、2ヶ月程度はかかると言われます。

履歴書・職務経歴書など書類を応募しても書類選考で落ちてしまう、面接で連続して不採用になってしまう、など当初の想定以上に、長期に渡って転職活動を続ける必要があるかもしれません。

そうした際、相談出来る相手がいるかどうか。
モチベーションの維持にも大きく影響することがあるんですね。

仕事探しをするにあたり、求人ニーズは非常に高いのが第二新卒者です。

特に人手が足りないと言われる現況にあっては、新人教育などはもう必要ない即戦力の人材(年数によっては即戦力に近い人材)として期待される場合もあります。

実際、第二新卒者からの求人への応募を歓迎する企業もありますからね。

第二新卒者、20代の転職。転職エージェントを活用するメリット

今まで自己流で転職活動をされてきた方の場合、転職エージェントを利用してアドバイスを受け、自己アピールの仕方などを変えると、転職成功に近づく事も多いです。

応募先企業が求める人材の傾向って、やはりあるそうなんですね。

そうした応募先企業が求める人材に関しての情報を得られる事も、こうした転職エージェントを利用している中ではあるでしょう。

コンサルタントや営業担当者は、企業の人事担当者や役員、企業の規模によっては社長と情報交換をしている場合もあります。

第二新卒、20代の転職活動を進めるにあたって、こうした転職エージェントを活用する事のメリットは多々あります。

自分でも探してみたい、出来るだけ多くの求人を調べてみたい、といった方は、直接応募と併用して転職エージェントを利用しても良いでしょう。

キャリアアップ、年収アップ、地元へのUターン転職など。
また、もしかすると今の職場で何らかの問題があり仕事を辞めたい、といった方もいらっしゃると思います。

様々な転職理由、退職理由をお持ちの方が実際、転職エージェントを活用しています。

当サイトでは、第二新卒の転職、20代の転職にも強みを持つ転職エージェントに関して、ご紹介を致します。

ぜひこうした転職エージェントを活用されて、希望の転職が成功できるようにサポートを使い倒してみてはと思います。

第二新卒 求人が増える時期について

第二新卒として転職をしようという場合、転職活動の時期が気になる方も多いのではと思います。

捉え方によっては、今の職場よりも働きやすい転職先、キャリアアップが出来る職場を見つける第二新卒の転職活動。

少しでも求人数が多い時期に転職活動が出来れば、それだけ多くの選択肢(求人)から企業を選ぶ事が出来ますよね!

転職市場に求人が増える時期というと、一年で最も求人数が増える時期である1月~3月、そして9月頃が挙げられます。

転職は企業との出会い、タイミングもとても重要ですよね。

より多くの求人が見つかる時期をしっかり狙っての転職活動もオススメです。
転職の決断をした時期がこうした求人が増える時期に近い場合には、少し待ってみるのも良いかもしれませんよ。

第二新卒 転職しやすい時期について

第二新卒として転職を考えた場合、転職しやすいのは何年目でしょうか。

近年は新卒1年目で転職をする人も増えてきました

新卒入社の3割が1年以内に転職をする、という時代ですから転職をしようと思えば1年目であっても無理ではありません。

ただし、1年未満での転職は早期離職ということで、あまり評価をしない人事担当者、面接官は多いです。

どんな職場、仕事でも辛い事、ストレスはありますからね。
短期間で辞めるというのは、やはり「逃げた」という事をイメージしてしまい、ネガティブな評価を最初に受けてしまう事になります。

しかし、それであっても1年目での転職を決断される場合には、転職理由や志望動機などをしっかりと用意する事がとても重要となりますね。

第二新卒として転職を目指すのであれば、2年目、3年目となるほど転職しやすい時期と言えそうです。

ブラック企業に勤めていたとしても、1年以上耐えたというのは十分にアピールすることが出来ると言えます。

1年目未満で早期離職の場合には、「短期間で辞めてしまった」という印象を与える事が多いですが、1年以上働いた場合には「1年以上耐えることが出来た」という印象を与えやすくなりますので、転職活動の場面では差が大きいですね。

第二新卒の転職理由で多いものとして、

「仕事が合わなかった」

という理由があります。

入社して実際に働いてみたら、仕事が合わなかった。
やはり違う仕事に本当に就きたいことが分かった、などキャリアチェンジを希望される場合には、異業種転職は早い方がその後のキャリアにとって、メリットは大きいですよね。

第二新卒は未経験業種への転職を成功させる最後のチャンス、とも言います。
(確かに30代で未経験業種への転職は非常に難しいです)

転職は人生の大きな転機ですが、転職しやすい時期というものもあります。

いずれにしても、本気で転職活動に取り組む場合には第二新卒の場合には、転職に成功される方は多い状況です。

企業からの第二新卒に対しての採用ニーズはとても高いといえます。

第二新卒を歓迎する企業の情報に関しては、

リクルートエージェント

DODA

JACリクルートメント

などの転職エージェントの活用がオススメです。

求人サイトを利用して求人を探し、応募をする方法ももちろん成功する方も多いのですが、第二新卒で経験が浅い方は特にですが、アドバイスやサポートを受けながら転職活動をした方が成功率は高くなると言えます。

例えば、1年未満での転職決断に対しての質問への答え。
なかなか自分では説得力のある答えを準備する事が難しい、という方も多いのではないでしょうか。

転職エージェントには様々な過去の方の就職支援が事例としてあります。

第二新卒でも1年目、2年目、3年目と様々な方の転職成功例がありますし、応募をする企業に合わせてアドバイスをもらう事が出来ます。

転職成功の可能性を高める方法としても、転職エージェントの活用はオススメです。

新着記事

就活関連リンク