20代の転職

20代で多い転職理由!


20代の転職は増えています!でも、転職理由が大切です

20代で転職する人は、増えていて「20代で転職を1度は経験する割合は約4割」とも言われています。

少々古く、2014年の資料となりますが、「enミドルの転職 退職について」では20代の約4割が転職経験が1度はある、と回答をしています。
中には転職回数、2回、3回といった回答もありますね。

少し昔のアンケート集計結果でもありますし、今の方が求人ニーズは様々な業界・職種で高い事もありさらに転職経験のある割合は増えているのでは、と考えられます。

転職自体にはもう、一昔前のような少々ネガティブな感覚「なんで転職するの?」といったイメージはないと思います。

前向きに転職を捉えている方が多いのではないでしょうか。

参考ページへのリンク:enミドルの転職 退職について

20代で1回目の転職であれば、特に回数が問題で不採用になる、といったことは少ないのではと思います。

もちろん新卒で入社1ヶ月で退職、といったように短期間での退職ともなればまた別問題ですが・・・

一般的には3年前後は一つの会社で経験を積んだ方が良い、と言われますが実際そのように言う人事担当者は多いです。

転職理由も実際には人それぞれありますが、「20代の転職理由」として多いものをピックアップしてご紹介しています。

あなたが転職を考えるきっかけとなった理由、近い転職理由などはありますでしょうか?

新卒で希望の会社に入れなかったので、転職したい

私の周りで多かったのは、この転職理由です。

なんとなく内定が出た会社に入社してしまった。希望していた仕事に就けなかった、会社に入れなかったのでリベンジ転職したい

といったものですね。

就職活動も長期になってくるとやはり疲れてきますし、「この内定を断ったら、次に内定が出るか分からない・・・」という不安もあります。

新卒として就活をする場合、見極め時もやはりあるといえるでしょう。
そこで出ていた内定先に決めてしまう、と言った事は比較的多いのではと思います。

この転職理由の方は、どうもその後も転職しがちと言われます。
自分にはもっと良い仕事がある、という考え方が根底にあるのかもしれません。

転職するにしてもまずは3年。
1つの会社で頑張ってから転職をお考えになると良いのでは、と思います。

働き始めて気づいた、本当にやりたい仕事が他にある

転職活動
新卒として就職活動をする際、「実際に働くという事、働いて給与を得る」と言うことがよく分かっていません(^_^;
インターンシップをしていると別ですが、全員がインターンシップをするとは限りませんからね。

人間、実際に自分で体験してみない事には理解できませんからね・・・。

そこで、実際に新卒として入社した会社でのビジネス経験を通して様々な事を知り、経験しその中から本当に興味を持った仕事に気づく、といったケースは少なくありません。

挑戦するなら20代!

実際、異業種転職・未経験からの転職を目指すのであれば20代です。

30代からそのような異業種転職を目指すのは、かなりハードルが高いですし、給料がガクンと下がるケースも多いため結婚をしている場合には家族の理解がまず得られない事も多いんですよね。

20代であれば体力的にも踏ん張りも利きますし、新たな知識も頭に入りやすいと思います。
それに、給料が安くても何とかなる!と考える方も多いでしょう。

企業としても、採用にあたり固定費(給料)はとても重要な問題です。
未経験者に対してはやはり給与は低く考えるもの。

20代は若手として、それを受け入れて転職に踏み切りやすい20代はこうしたチャレンジの転職には向いていますね。

志望動機をしっかりまとめ、熱意をアピールすることで、転職成功の確率も上がります

給料への不満。年収アップを狙っての転職

給料アップを目指しての転職
20代の転職で多い理由として「給与への不満」があります。

特に労働時間が長い方にとって仕事量と給料のバランス取れていない、と不満を持たれる傾向は否定できませんね。

月収、手取りが低いという場合もあるでしょうし、賞与・ボーナスが少ない(そもそもボーナスが無い場合もあったりします)などの不満もあるかもしれません。

昇給額が少ない、といったケースもあるかもしれませんね。
待遇に関しては、企業によりけりです。

20代は基本的に給与額が抑えられていますから、

転職によって年収アップに成功しやすい年代

とも言われています。

もし真剣に転職をお考えになるのであれば、求人数が豊富で交渉力のある、20代の転職に実績の豊富な総合転職エージェントの活用がオススメです。

20代の転職が有利と思ったので

転職活動
今は転職している方のほうが多い時代です。

かえって、1度も転職した経験の無い方の方が将来万が一のリスクがある、といわれる事もあるくらいです。

現実問題として、年齢が上がれば上がるほど転職は難しくなります。
求められるスキル、経験も年齢と共に増えるからですね。

キャリアチェンジ、キャリアアップ、年収アップなど転職の目的も色々とありますが、いずれにしても転職成功の確率が高いのは20代。
そうした認識は共通のものとしてあるでしょう。

「転職するなら20代の方が有利だと思ったので」

という事で転職を決断する方も。
もちろん、興味のある仕事が見つかったから、などの理由も複合的にありますね。

実際、20代の転職は有利な点が多いです。
転職先となる企業をしっかりと研究し、転職後にキャリアを積める転職に成功できるように情報収集をする事がポイントとなりますね。

人間関係や仕事が辛い、という理由で転職したい

転職理由として実は非常に多いのが「人間関係」です。

他の転職理由がメインになっている方でも、実は背後に大なり小なり人間関係の悩みも隠れている事があります。

後は連日残業があったり休日出勤が多すぎて心も体も疲弊してしまっている場合も・・・。

その方のキャパもあると思いますが、限界を感じるまで頑張り過ぎず、転職をするのは個人的には良い方法と思っています。

次の職場でも同じ轍を踏まないように、こちらもしっかりと情報収集をする必要がありますね。
それには求人情報以上に職場の詳しい情報を持つ転職エージェントの活用がオススメです。

20代で多い転職理由!のまとめ

第二新卒の転職支援
20代で多い転職理由について見てきました。

この中には、私が過去に実際転職活動を始めた理由もあります。
知り合いの転職理由もあります。

立場を変えて、採用面接を行ったときに求職者から言われた転職理由もあります。

これらの他にも、

「結婚を考えているのでもっと安定した仕事に就きたい」

なども実際ありますね。

自分がやりたい仕事よりも、家族との将来の生活を考えて高給与・高年収の仕事へ転職を希望される方は実際いらっしゃいます。

結婚の許しを得るために、契約社員から正社員として転職を決めたい、といったケースもあります。

人それぞれ、様々な転職理由があります。

いずれにしても、面接の際にはポジティブな転職理由にする事が重要ですね。

これから転職活動をされる、スタートしようか迷っている方も多いと思います。

その際には、

20代の転職に、総合転職エージェントの活用をオススメ

しています。

良い求人があれば検討してみたい、といった方の利用も多いです。

転職に興味のある20代の方は、まずは情報収集からスタートしてみては、と思います。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓